グラウンド内外で醜態も ハム斎藤佑“300万円減”の不思議

公開日:  更新日:

 それでもまだ2000万円だ。

 29日、日本ハムの斎藤佑樹(28)が契約交渉を行い、年俸2300万円から300万円ダウンで更改した。

「下がったのは当然だろうと思う」と話したように、今季は11試合で0勝1敗、防御率4.56。出版社社長への“ポルシェおねだり”を週刊誌にスッパ抜かれるなど、グラウンド内外で醜態をさらした。ダウン額が少ないどころか、いまだクビを切られないのが不思議なくらいである。

 斎藤が最も稼いでいたのは、13年の3500万円。同年以降は4年間で30試合にしか投げられず、3勝6敗だ。それでも下がった年俸は累積で1500万円。いまだに2000万円ももらっているのだから、これもまた不思議としか言いようがない。

「『ハンカチ王子』の看板料でしょう。そんな威光はすっかり色あせたと言っても、栗山監督は『活躍できないのはボクが悪い』とかばい、『勝ち方を知っている。何とかします』と相変わらず期待している。数年間ロクに働いていない中堅社員が、のうのうと給料をもらえるなど一般社会ではあり得ませんが、他球団の選手も仰天しているでしょう」(球界関係者)

 会見では「もうやるしかない」と、今年もお決まりの文句を繰り返した斎藤。給料の分くらいは働いて欲しいものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  8. 8

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る