グラウンド内外で醜態も ハム斎藤佑“300万円減”の不思議

公開日: 更新日:

 それでもまだ2000万円だ。

 29日、日本ハム斎藤佑樹(28)が契約交渉を行い、年俸2300万円から300万円ダウンで更改した。

「下がったのは当然だろうと思う」と話したように、今季は11試合で0勝1敗、防御率4.56。出版社社長への“ポルシェおねだり”を週刊誌にスッパ抜かれるなど、グラウンド内外で醜態をさらした。ダウン額が少ないどころか、いまだクビを切られないのが不思議なくらいである。

 斎藤が最も稼いでいたのは、13年の3500万円。同年以降は4年間で30試合にしか投げられず、3勝6敗だ。それでも下がった年俸は累積で1500万円。いまだに2000万円ももらっているのだから、これもまた不思議としか言いようがない。

「『ハンカチ王子』の看板料でしょう。そんな威光はすっかり色あせたと言っても、栗山監督は『活躍できないのはボクが悪い』とかばい、『勝ち方を知っている。何とかします』と相変わらず期待している。数年間ロクに働いていない中堅社員が、のうのうと給料をもらえるなど一般社会ではあり得ませんが、他球団の選手も仰天しているでしょう」(球界関係者)

 会見では「もうやるしかない」と、今年もお決まりの文句を繰り返した斎藤。給料の分くらいは働いて欲しいものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    柔道金メダリスト内柴正人さん 第2の人生は“銭湯のオヤジ”

  2. 2

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    東出昌大は離婚で“焼け太り” 映画出演での快進撃が始まる

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

  10. 10

    長谷川博己も沈黙…撮影再開「麒麟がくる」はまるで“通夜”

もっと見る