契約金も問題なし 大谷獲りへ意外なメジャー球団虎視眈々

公開日: 更新日:

「いくらカネは関係ないといっても、それなりの契約でなければ代理人が納得しないでしょう。実際問題、大谷が代理人抜きでメジャー球団と契約するのは不可能ですからね」

 米東海岸の代理人関係者がこう言った。

 早ければ来オフにもメジャー挑戦する大谷翔平(22=日本ハム)が、新労使協定で25歳未満の選手の契約金が制限されたことに関して「ボクには関係ない」と発言したことを受けてだ。

 大谷は高校を出て、いきなり月給10万円のマイナーからメジャーに挑戦しようとしたほど。カネより何よりメジャーでプレーすることが最優先だが、前出の代理人関係者は「大谷の代理人は1ドルでも高い契約を結びたいし、そうするはず」と言うのだ。

 メジャーは海外のアマチュア選手を獲得する際の契約金総額に限度額があり、それを超えている球団は1選手に使える契約金が約3500万円に制限される。プロの大谷にもこのルールが適用され、来オフ、メジャー挑戦する場合に契約金を制限されるのは30球団中11球団。ドジャース、ジャイアンツ、ワールドシリーズを制したカブスなどはこれに含まれる。残りの19球団は契約金総額の限度額に届いていないため、3500万円の縛りはない。ヤンキースやレッドソックスなどがそうで、場合によってはドジャースやカブスの10倍以上の契約金をつぎ込める。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  2. 2

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  3. 3

    眞子さま最終手段「一時金」辞退…それでも小室さんは愛を貫ける

  4. 4

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  5. 5

    石橋貴明“オワコン老害”が一転 YouTube勝ち組に豹変の戦略

  6. 6

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  7. 7

    スギ薬局会長にワクチン優先予約 市が“特別扱い”した理由

  8. 8

    ワクチン大規模接種センター 旅行代理店に業務委託のナゼ

  9. 9

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  10. 10

    高橋洋一氏“さざ波”で炎上 エリートほど不用意発言のワケ

もっと見る