早実清宮を指名予告 ハム栗山監督に“ポスト中田”育成計画

公開日: 更新日:

「相棒」というより「後釜」だろう。

 日本ハムの栗山監督が優勝旅行先のハワイから帰国早々、「清宮のクジはオレが引く!」とその気になっている。

 17日、成田空港で取材に応じた指揮官は来季のドラフトについて言及。早実の清宮幸太郎(2年)を1位候補に挙げ、「巨人の王さんと長嶋さんのように、強いチームには軸がある。中田ともう一人、軸が欲しい」と話した。当然、清宮は他球団も狙っている逸材。競合の可能性は高いが、何としても清宮が欲しいという意思表示と思われる。

 もっとも、中田は順調なら来季国内FA権を取得する。年俸2億8000万円の高給取りを引き留めるためには莫大な資金が必要。素行に顔をしかめるフロントや首脳陣も多いというから、移籍は確実だ。つまり、清宮は中田とコンビを組むのではなく、あくまで中田の後釜ということ。ただでさえ大谷も近い将来、ポスティングを行使してメジャーに移籍予定とあっては、なおさら清宮が必要なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  2. 2

    近藤真彦「退所」は“戦力外通告” 芸能活動継続には暗雲が

  3. 3

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  4. 4

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  5. 5

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  6. 6

    竹野内豊「イチケイのカラス」の成功に悲恋…続編期待の声

  7. 7

    青木会長も力不足 男子ツアーV賞金は1000万円でも高すぎる

  8. 8

    昔はリクルートで食べている物書きがたくさんいた

  9. 9

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  10. 10

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

もっと見る