日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

早実清宮を指名予告 ハム栗山監督に“ポスト中田”育成計画

「相棒」というより「後釜」だろう。

 日本ハムの栗山監督が優勝旅行先のハワイから帰国早々、「清宮のクジはオレが引く!」とその気になっている。

 17日、成田空港で取材に応じた指揮官は来季のドラフトについて言及。早実の清宮幸太郎(2年)を1位候補に挙げ、「巨人の王さんと長嶋さんのように、強いチームには軸がある。中田ともう一人、軸が欲しい」と話した。当然、清宮は他球団も狙っている逸材。競合の可能性は高いが、何としても清宮が欲しいという意思表示と思われる。

 もっとも、中田は順調なら来季国内FA権を取得する。年俸2億8000万円の高給取りを引き留めるためには莫大な資金が必要。素行に顔をしかめるフロントや首脳陣も多いというから、移籍は確実だ。つまり、清宮は中田とコンビを組むのではなく、あくまで中田の後釜ということ。ただでさえ大谷も近い将来、ポスティングを行使してメジャーに移籍予定とあっては、なおさら清宮が必要なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事