どこよりも早いセ新人王予想 “流しのブルペン捕手”が占う

公開日: 更新日:

 新人に逸材が揃い、激化が予想される17年の新人王争い。流しのブルペンキャッチャーとしてお馴染み、スポーツライターの安倍昌彦氏に、前回のパ・リーグに続いて、セ・リーグを占ってもらった。

 ◇  ◇  ◇

 ごく当たり前に考えれば中日1位の柳裕也(明大)が本命だ。球種が豊富で体が強く、勝負根性もある。1年目から10勝できる力があり、順調に行けば、14年新人王の広島・大瀬良(10勝8敗、防御率4.05)以上の成績を残す可能性は高い。

 対抗はヤクルト1位の寺島成輝(履正社)。高卒新人の中で最もセンスが高く、柳と同等レベルの打たれないための知恵を兼ね備えている。純粋な能力だけを見れば、1年目から10勝することも夢ではない。

■嫌らしさは1番

 2人に迫る能力を秘めているのが、DeNA2位の水野滉也(東海大北海道)だ。16年ドラフトで指名された新人の中でも、打ちにくさ、嫌らしさでは1番ではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  5. 5

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  6. 6

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  7. 7

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  8. 8

    遠のく錦織GS制覇…稚拙なチームとマネジメントに疑問の声

  9. 9

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  10. 10

    一体何が…大坂なおみ“心の支柱”サーシャ氏と決別の衝撃

もっと見る