スカウト体制刷新の巨人 早実清宮“直プロ”が最初の照準

公開日: 更新日:

 巨人が本気だ。

 年明けからスカウト体制を一新することが決まっているが、その筆頭になるのが岡崎郁新スカウト部長(55)である。一軍ヘッドコーチ、二軍監督などを歴任した人物ながら、これまでスカウトの経験はない。そんな門外漢の岡崎氏をスカウト部門トップに抜擢したのには理由がある。

 巨人の来秋のドラフト1位最有力候補は、早実・清宮幸太郎(2年)。岡崎新部長が早くも「誰が見てもトップクラス」とベタ褒めする高校通算78本塁打のスラッガーだ。ただ、某球団のスカウトは「現時点では早大進学の確率の方が高いとみています」と言う。メジャーを含めたプロ球団は、まずこれを「直接プロ入り」へ翻意させる必要がある。そこで巨人なのだ。前出のスカウトが続ける。

「巨人はやる気満々みたい。ただでさえ候補選手の試合にスカウトが大挙押し寄せる球団なのに、年明けから清宮担当が3人にも4人にもなるんでしょう?新しいスカウト部長の岡崎さんも早実を最優先に見ると聞いています。清宮本人と接触はできなくても、監督や周辺の関係者に『すぐにプロで勝負できる』と働きかけることはできますから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  5. 5

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  6. 6

    安倍政権にGDPカサ上げ疑惑 600兆円達成へ統計38件イジる

  7. 7

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  8. 8

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

もっと見る