• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

スカウト体制刷新の巨人 早実清宮“直プロ”が最初の照準

 巨人が本気だ。

 年明けからスカウト体制を一新することが決まっているが、その筆頭になるのが岡崎郁新スカウト部長(55)である。一軍ヘッドコーチ、二軍監督などを歴任した人物ながら、これまでスカウトの経験はない。そんな門外漢の岡崎氏をスカウト部門トップに抜擢したのには理由がある。

 巨人の来秋のドラフト1位最有力候補は、早実・清宮幸太郎(2年)。岡崎新部長が早くも「誰が見てもトップクラス」とベタ褒めする高校通算78本塁打のスラッガーだ。ただ、某球団のスカウトは「現時点では早大進学の確率の方が高いとみています」と言う。メジャーを含めたプロ球団は、まずこれを「直接プロ入り」へ翻意させる必要がある。そこで巨人なのだ。前出のスカウトが続ける。

「巨人はやる気満々みたい。ただでさえ候補選手の試合にスカウトが大挙押し寄せる球団なのに、年明けから清宮担当が3人にも4人にもなるんでしょう?新しいスカウト部長の岡崎さんも早実を最優先に見ると聞いています。清宮本人と接触はできなくても、監督や周辺の関係者に『すぐにプロで勝負できる』と働きかけることはできますから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    写真誌に撮られた休日の有働アナに「私服がダサい」の声が

  4. 4

    退所しても人気絶大 ジャニーズは3日やったらやめられない

  5. 5

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

  6. 6

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  7. 7

    「すれ違いが原因」に違和感 NHK桑子アナの離婚の真相は?

  8. 8

    X JAPAN・ToshI バラエティーで引っ張りだこの意外な理由

  9. 9

    手越の未成年飲酒報道で狂い始めた NEWS小山の7月復帰計画

  10. 10

    マキタスポーツらFA成功も…お笑い芸人に大淘汰時代の到来

もっと見る