どこよりも早いパ新人王予想 “流しのブルペン捕手”が占う

公開日: 更新日:

 16年ドラフトで5球団が競合した創価大・田中正義ソフトバンク)をはじめ、投手を中心に逸材揃い。今季の新人王争いは激しくなりそうだが、ルーキーが順当にタイトルを獲得するのか、急成長した若手が台頭してくるのか。流しのブルペンキャッチャーとしてお馴染み、スポーツライターの安倍昌彦氏に、セ・パそれぞれの新人王を予想してもらった。

 ◇  ◇  ◇

 この2人のどちらかだろうと、すぐに名前が思い浮かんだ。

 ロッテ1位の佐々木千隼(桜美林大)、西武3位の源田壮亮(トヨタ自動車)。彼らによる一騎打ちとなる可能性が高いとみている。

 佐々木は投手としての能力もさることながら、大学時代は首都大学リーグの東海大、日体大など強豪相手に揉まれながら成長。明治神宮大会では明大に敗れはしたが、準優勝だった。味方がなかなか点が取れない試合があっても、あまり調子が良くない試合であっても、粘り強く投げ続けるタフな精神力がある。1年間投げ抜く体力を不安視する声もあるものの、ハートが強い彼なら大崩れすることなく10勝はマークすると思う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    さぁ、困った! 即戦力のドラフト1位候補を評価できない

  6. 6

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  9. 9

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  10. 10

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

もっと見る