どこよりも早いパ新人王予想 “流しのブルペン捕手”が占う

公開日: 更新日:

 16年ドラフトで5球団が競合した創価大・田中正義(ソフトバンク)をはじめ、投手を中心に逸材揃い。今季の新人王争いは激しくなりそうだが、ルーキーが順当にタイトルを獲得するのか、急成長した若手が台頭してくるのか。流しのブルペンキャッチャーとしてお馴染み、スポーツライターの安倍昌彦氏に、セ・パそれぞれの新人王を予想してもらった。

 ◇  ◇  ◇

 この2人のどちらかだろうと、すぐに名前が思い浮かんだ。

 ロッテ1位の佐々木千隼(桜美林大)、西武3位の源田壮亮(トヨタ自動車)。彼らによる一騎打ちとなる可能性が高いとみている。

 佐々木は投手としての能力もさることながら、大学時代は首都大学リーグの東海大、日体大など強豪相手に揉まれながら成長。明治神宮大会では明大に敗れはしたが、準優勝だった。味方がなかなか点が取れない試合があっても、あまり調子が良くない試合であっても、粘り強く投げ続けるタフな精神力がある。1年間投げ抜く体力を不安視する声もあるものの、ハートが強い彼なら大崩れすることなく10勝はマークすると思う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    官邸の暗躍と官僚の忖度…諸悪の起点は2015年になぜ集中

  2. 2

    生存者を無視 拉致被害者家族も見限る安倍首相の“二枚舌”

  3. 3

    米倉涼子「シカゴ」で夏不在でも "視聴率女王"安泰のワケ

  4. 4

    最高月収1200万円…オネエタレントの山咲トオルさんは今

  5. 5

    視聴率首位も視野「3年A組」は数字が評判に追いついた

  6. 6

    フジ「QUEEN」は苦戦中 竹内結子に課せられた“ウラの使命”

  7. 7

    2018年はTV出演たった4本…ゆるキャラ「ふなっしー」は今

  8. 8

    即戦力推進も…オスカープロモーションは新たな試練の時期

  9. 9

    NHK「まんぷく」でまた脚光 東風万智子に“再改名”のススメ

  10. 10

    大阪都構想“クロス選”脅し不発 松井知事に市民ドッチラケ

もっと見る