ドラ1吉川尚にも“巨人の掟”…正二塁手への時間わずか1年

公開日: 更新日:

 巨人ドラフト1位・吉川尚輝(21=中京学院大)が4日、岐阜・長良川河川敷にある「高橋尚子ロード」で自主トレを公開。シドニー五輪金メダリストのゆかりの地でランニングなどを行い、「気が引き締まった。日本一、世界一の選手を目指したい」と話した。

 大学の先輩に広島・菊池がいる。二塁手で4年連続ゴールデングラブ賞を受賞し、侍ジャパンにも選出されている名手だが、2人の恩師でもある中京学院大・近藤監督は「大学時代は2人ともショート。守備は菊池より吉川の方が上」と断言する。菊池同様に吉川尚も巨人では二塁。2年目の助っ人クルーズとの競争になるが、新人には追い風が吹く。一軍枠「4」のところに支配下外国人選手が6人とあふれ返っているからだ。

 緩慢プレーで懲罰二軍落ちし、大事なCSを欠場したクルーズは性格に難点があり、首脳陣はなるべくこの助っ人に頼りたくない。キャンプから吉川尚が順調にアピールできれば、正二塁手の筆頭候補といえる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  5. 5

    佐藤健「恋つづ」“キュン攻め”LINE人気に見えた新たな鉱脈

  6. 6

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  7. 7

    可能性のドア解放 氷川きよしは自分の性分をさらけ出す

  8. 8

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

  9. 9

    小泉今日子が「あいまいな自粛要請」で踏み切った舞台現場

  10. 10

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

もっと見る