日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

師匠「40発」と太鼓判 ハム中田“ねじり打法”挑戦の計算

 半袖姿の体は、確かに引き締まっていた。

 23日、日本ハムの中田翔(27)が東京都内のトレーニングジム「トータルワークアウト」で、師事するトレーナーのケビン山崎氏(65)と連れ立って自主トレを公開した。
「昨季中盤、打球が失速することがあった。本塁打を打ちたい気持ちがあるし、細かいところも意識し、力強さを求めたい」と話した中田は、このオフ、下半身と体幹を中心に強化。飛距離と確実性を向上させるべく、スイング時に上半身と下半身にねじりを加える新打法に挑戦している。

 先日までケビン氏とハワイに滞在していた中田は、昨年よりも「倍以上」の振り込みをし、体重も7~8キロ絞るなど、3月のWBCと公式戦を見据えて調整ペースを上げている。ハワイでのフリー打撃を振り返った際には、「球場が小さいなと思ったら左翼が110メートルであったり、振っている感覚、インパクト時の感触が前と違う」と、一定の手応えを感じている様子。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事