• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

発熱で先発起用断念も 小久保監督はWBCで大谷どう使う?

 日本代表の小久保監督は今頃、泡を食っているんじゃないか。

 米アリゾナ州ピオリアのキャンプ地に降り立った早々に38.5度の発熱でダウンし、合同自主トレ初日の練習を回避した日本ハムの大谷翔平(22)。30日(日本時間31日)の練習には姿を見せ、約10分間のランニング、キャッチボールを行い、チームとは別メニューで汗を流した。練習中は終始、笑顔だった大谷は「平熱まで下がりました。大丈夫です」と順調な回復ぶりをアピールしたものの、これで調整がさらに遅れるのは必至だ。

 大谷は昨季の日本シリーズで負傷した右足首が完治していないといわれるうえ、両脚にも張りがある。渡米前から「米国での実戦登板は難しい」といわれていたが、いよいよアリゾナでの実戦登板回避は確実になった。

 当然、WBCへの影響は避けられない。大谷は1次リーグ初戦となる3月7日のキューバ戦の先発が予定されている。それがいまだに捕手を座らせて投げられず、しかも発熱で調整遅れ。これでは2月13日からの名護での2次キャンプで実戦マウンドに上がったとしても、本番に間に合うかどうか疑問だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  9. 9

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  10. 10

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

もっと見る