発熱で休養の大谷 右足首のケガより危ないWBCへの情熱

公開日:  更新日:

 日本ハム・大谷翔平(22)が、いきなり離脱である。

 29日(日本時間30日)、キャンプ地アリゾナ州ピオリアでの選手会合同自主トレ初日を発熱のため欠席した。現地入りした前夜に38度5分まで上がり、この日の朝には37度2分まで下がったそうだが、大事を取って宿舎で静養に努めた。

 現地で2月1日から10日まで行われる1次キャンプでは大幅に調整が遅れるのは必至。これで、練習試合と紅白戦の計2試合予定される実戦マウンドも登板を回避する可能性が濃厚となった。

「まだ(ブルペンでも捕手を)立たせて投げているぐらいだと聞いているし……。今年のキャンプは短いからね」

 とは吉井投手コーチだ。

 大谷は昨秋の日本シリーズ初戦で一塁を駆け抜けた際、右足首を負傷。その影響か、現在も両足に張りがあるという。現時点でブルペンでも満足に投げられない投手が、2月上旬の実戦に登板するのは実際問題として不可能に近い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  10. 10

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

もっと見る