• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

発熱で休養の大谷 右足首のケガより危ないWBCへの情熱

 日本ハム・大谷翔平(22)が、いきなり離脱である。

 29日(日本時間30日)、キャンプ地アリゾナ州ピオリアでの選手会合同自主トレ初日を発熱のため欠席した。現地入りした前夜に38度5分まで上がり、この日の朝には37度2分まで下がったそうだが、大事を取って宿舎で静養に努めた。

 現地で2月1日から10日まで行われる1次キャンプでは大幅に調整が遅れるのは必至。これで、練習試合と紅白戦の計2試合予定される実戦マウンドも登板を回避する可能性が濃厚となった。

「まだ(ブルペンでも捕手を)立たせて投げているぐらいだと聞いているし……。今年のキャンプは短いからね」

 とは吉井投手コーチだ。

 大谷は昨秋の日本シリーズ初戦で一塁を駆け抜けた際、右足首を負傷。その影響か、現在も両足に張りがあるという。現時点でブルペンでも満足に投げられない投手が、2月上旬の実戦に登板するのは実際問題として不可能に近い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  2. 2

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  3. 3

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  4. 4

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  5. 5

    安倍首相ミエミエ被災地利用 閣僚も国民に“逆ギレ”の末期

  6. 6

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  7. 7

    西村氏の謝罪が火に油 安倍自民“言い訳”に嘘発覚で大炎上

  8. 8

    5000万円疑惑 落ち目の細野豪志氏がすがった“意外な人物”

  9. 9

    文科省の収賄局長が失った 麻布の“億ション”セレブライフ

  10. 10

    防災にどれだけ本気? 安倍政権で「次は東京」という恐怖

もっと見る