• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ボールはボール」 大谷翔平はWBC球へ泰然自若の心構え

 日本のプロ野球選手がメジャー挑戦する際、必ずといっていいくらい話題に上るのがボールやマウンドの差異だ。

 例えばメジャー公認球は、プロ野球の統一球と比べて大きく滑りやすい。しっかりと握って投げる必要があるせいか、特に投手は前腕に負担がかかるといわれる。それが肩肘の故障につながるケースも中にはある。

 WBCの使用球はメジャー球とほぼ一緒。それなりの対処が必要なのは言うまでもないが、問題なのは米国仕様のボールやマウンドに向き合う姿勢ではないか。

 かつてヤンキースでプレーした井川慶は最後まで硬いマウンドに不満タラタラ、だから日本にいたときのようにチェンジアップが抜けないとコボしていた。レッドソックス時代の松坂大輔も、しきりに滑るボールや米国流の調整法をボヤいていた。

 しかし、ボールやマウンドにケチをつけても意味がないし、結果が出なかったときの言い訳にしか聞こえない。ボールや環境が変われば、ブーたれるより何より先にそれを受け入れ、どうすべきかを考えてしかるべき。それをしなかった井川は5年間でわずか2勝(3敗)。松坂はメジャー3年目以降、パッとしなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  4. 4

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

  5. 5

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  6. 6

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  7. 7

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  8. 8

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  9. 9

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る