「ボールはボール」 大谷翔平はWBC球へ泰然自若の心構え

公開日:

 日本のプロ野球選手がメジャー挑戦する際、必ずといっていいくらい話題に上るのがボールやマウンドの差異だ。

 例えばメジャー公認球は、プロ野球の統一球と比べて大きく滑りやすい。しっかりと握って投げる必要があるせいか、特に投手は前腕に負担がかかるといわれる。それが肩肘の故障につながるケースも中にはある。

 WBCの使用球はメジャー球とほぼ一緒。それなりの対処が必要なのは言うまでもないが、問題なのは米国仕様のボールやマウンドに向き合う姿勢ではないか。

 かつてヤンキースでプレーした井川慶は最後まで硬いマウンドに不満タラタラ、だから日本にいたときのようにチェンジアップが抜けないとコボしていた。レッドソックス時代の松坂大輔も、しきりに滑るボールや米国流の調整法をボヤいていた。

 しかし、ボールやマウンドにケチをつけても意味がないし、結果が出なかったときの言い訳にしか聞こえない。ボールや環境が変われば、ブーたれるより何より先にそれを受け入れ、どうすべきかを考えてしかるべき。それをしなかった井川は5年間でわずか2勝(3敗)。松坂はメジャー3年目以降、パッとしなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  10. 10

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

もっと見る