なぜ今ごろ? ゴルフ4団体「予備グリーン」遅すぎた統一

公開日:

 名門の霞ケ関CCか、パブリックの若洲GLか――。

 東京五輪のゴルフ会場問題は今もゴタゴタしているが、こちらは「解決」した。

 日本ゴルフ協会(JGA)、日本プロゴルフ協会(PGA)、日本ゴルフツアー機構(JGTO)、日本女子プロゴルフ協会(LPGA)の4団体は、今季より予備グリーンの規則上の扱いを“世界基準”に統一することを発表した。

 これまでJGA主催の日本オープンや日本女子オープンは、予備グリーン(サブグリーン)は、「目的外のパッティンググリーン」とし、そこにボールが乗った場合は、救済を受けなければならず、サブグリーンの外に無罰でドロップしていた(規則25-3b)。これは世界共通のルールだ。

■おかしなダブルスタンダード

 これまでLPGAの冠大会は、予備グリーンを「スルーザグリーン」とローカルルールで規定し、サブグリーンの上からそのまま打たせていた。そのため、米ツアーとの共催だった04年のミズノクラシックで、当時は国内ツアーメンバーだった宮里藍が、サブグリーンからあるがままの状態でプレーして2罰打を受けるというルールトラブルも起きていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    “坂道”相手に写真集健闘 石田ゆり子は「寄る年波」も武器

  10. 10

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

もっと見る