トッププロがレベル低下 ゴルフ界“ビッグマネー”の弊害

公開日: 更新日:

 ビッグマネーが米ツアーをダメにするのでは、と囁かれている。

 昨年、象徴的だったのが、世界のトッププロがこぞってリオ五輪を出場辞退したことだ。

 112年ぶりにゴルフ競技が復活と話題になったが、メダルを獲得しても賞金は出ない。金にならない試合には、出たくないと言っているようだ、と批判された。

 年末の世界ゴルフランキングは、①ジェイソン・デイ(29)②ロリー・マキロイ(27)③ダスティン・ジョンソン(32)④ヘンリック・ステンソン(40)⑤ジョーダン・スピース(23)がトップ5だった。

 五輪で銀メダル獲得のステンソンを除けば、トッププロはここ数年で頭角を現してきた若手といえる。

 ランク上位になれば、手にするマネーも莫大だ。

 デイは昨季約800万ドル(約9億4400万円)の獲得賞金に加えて、ナイキとウエア契約もあってトータルで2000万ドル(約23億6000万円)以上の収入があった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  5. 5

    佐藤健「恋つづ」“キュン攻め”LINE人気に見えた新たな鉱脈

  6. 6

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  7. 7

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

  8. 8

    可能性のドア解放 氷川きよしは自分の性分をさらけ出す

  9. 9

    小泉今日子が「あいまいな自粛要請」で踏み切った舞台現場

  10. 10

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

もっと見る