トッププロがレベル低下 ゴルフ界“ビッグマネー”の弊害

公開日: 更新日:

 ビッグマネーが米ツアーをダメにするのでは、と囁かれている。

 昨年、象徴的だったのが、世界のトッププロがこぞってリオ五輪を出場辞退したことだ。

 112年ぶりにゴルフ競技が復活と話題になったが、メダルを獲得しても賞金は出ない。金にならない試合には、出たくないと言っているようだ、と批判された。

 年末の世界ゴルフランキングは、①ジェイソン・デイ(29)②ロリー・マキロイ(27)③ダスティン・ジョンソン(32)④ヘンリック・ステンソン(40)⑤ジョーダン・スピース(23)がトップ5だった。

 五輪で銀メダル獲得のステンソンを除けば、トッププロはここ数年で頭角を現してきた若手といえる。

 ランク上位になれば、手にするマネーも莫大だ。

 デイは昨季約800万ドル(約9億4400万円)の獲得賞金に加えて、ナイキとウエア契約もあってトータルで2000万ドル(約23億6000万円)以上の収入があった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  2. 2

    眞子さま最終手段「一時金」辞退…それでも小室さんは愛を貫ける

  3. 3

    石橋貴明“オワコン老害”が一転 YouTube勝ち組に豹変の戦略

  4. 4

    高橋洋一氏“さざ波”で炎上 エリートほど不用意発言のワケ

  5. 5

    阪神藤浪に二軍調整はもう不要…ドラ2伊藤の活躍が追い風

  6. 6

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  7. 7

    ワクチン大規模接種センター 旅行代理店に業務委託のナゼ

  8. 8

    スギ薬局会長にワクチン優先予約 市が“特別扱い”した理由

  9. 9

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  10. 10

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

もっと見る