クラブ契約発表も ウッズに“テーラーメイド買収”失敗の噂

公開日:  更新日:

【ファーマーズ・インシュランス・オープン 初日】

 タイガー・ウッズ(41)が1年5カ月ぶりの米ツアー復帰戦に今大会を選んだのは、このコースで行われた全米オープン(08年)を含めて過去8勝と得意にしているからだ。

 しかし度重なるケガで、今では世界ランクは663位まで陥落。初日は同1位のジェイソン・デイ、同3位のダスティン・ジョンソンと同組でサウスコース1番からスタート。ジョンソンはイーブンパー77位、デイは1オーバー96位、ウッズは4オーバー133位タイと3人揃って大きく出遅れた。

 だが今週はウッズの成績よりも、大会直前の記者発表に関心が集まった。

 内容が明らかにされず、かつてグレッグ・ノーマンがコブラ社を買収したように、「ウッズがテーラーメイドのオーナーになるんじゃないか?」と噂が広まっていたからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る