日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

クラブ契約発表も ウッズに“テーラーメイド買収”失敗の噂

【ファーマーズ・インシュランス・オープン 初日】

 タイガー・ウッズ(41)が1年5カ月ぶりの米ツアー復帰戦に今大会を選んだのは、このコースで行われた全米オープン(08年)を含めて過去8勝と得意にしているからだ。

 しかし度重なるケガで、今では世界ランクは663位まで陥落。初日は同1位のジェイソン・デイ、同3位のダスティン・ジョンソンと同組でサウスコース1番からスタート。ジョンソンはイーブンパー77位、デイは1オーバー96位、ウッズは4オーバー133位タイと3人揃って大きく出遅れた。

 だが今週はウッズの成績よりも、大会直前の記者発表に関心が集まった。

 内容が明らかにされず、かつてグレッグ・ノーマンがコブラ社を買収したように、「ウッズがテーラーメイドのオーナーになるんじゃないか?」と噂が広まっていたからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事