• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

霞ヶ関か若洲か 五輪ゴルフ会場問題はなぜ盛り上がらず?

 あまりに対照的だ。昨年末にドタバタした2020年東京五輪の競技会場計画の見直し問題。小池百合子都知事(64)が設置した調査チームが進めたプランということもあるが、バレーボール(有明アリーナ)、競泳(オリンピックアクアティクスセンター)、カヌー・ボート(海の森水上競技場)の3会場の見直しについて、マスコミは建設費や会場変更のメリット、デメリットなどを連日詳しく報じ、国民の関心も高かった。しかし、今年に入って浮上したゴルフの会場変更問題については、まったく盛り上がらない。

 この件は年明け4日、東京五輪・パラリンピック大会組織委員会の森喜朗会長(79)が、会場である霞ケ関カンツリー倶楽部(埼玉県川越市)について、選手村から遠く輸送面で問題があるとの見方を示したことから、マスコミが徐々に取り上げるようになった。同CCは都心から70キロ以上も離れたところにあり、選手村(中央区晴海)から通うのは大変だ。しかも、日本屈指の名門コースで、ビジターは気軽にプレーできないばかりか女性の日曜日プレーは不可だ。某ゴルフ場の関係者が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事