日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
小野寺誠
著者のコラム一覧
小野寺誠プロゴルファー

1970年、東京都生まれ。6歳よりゴルフを始め、小学6年の時に青木功がハワイアンオープンで優勝したシーンをテレビで見て、プロになることを決意。中学,高校は、ゴルフの名門校である日大付属のゴルフ部で活躍。ジュニアトーナメントでも成績を残す。16歳でアメリカ留学を決意。アメリカで現在カリスマコーチである江連忠プロと出会い、共に試合に転戦しながらゴルフの最新理論を学ぶ。帰国後、1996年プロテストに合格。多数の試合に出場した経験を生かし独立。現在はアマチュアを主に男女を問わず指導する。

距離の短いパー3は確実に1オンさせる

イラスト・たかぎしひろや

 100の大台突破には、トリプルボギー(+3)やクアドラプルボギー(+4)など大叩きを減らすことが大事だが、チャンスホールでパーセーブができたら、夢の90台突入がぐっと近づく。

 ダボペースのアマチュアは、120~130ヤードと距離の短いパー3になる…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事