日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ロッキーズ戦に登板のマエケン 不安残すオープン戦初被弾

 ドジャース・前田健太(28)が27日(日本時間28日)のロッキーズ戦にオープン戦初登板。2回を1本塁打含む2安打1失点、1奪三振だった。

 前田は先頭打者を四球で歩かせながら次打者を二ゴロ併殺。今季、目指す打たせて取る投球を実践したが、3番パターソンに甘く入った直球を中堅スタンドに運ばれた。

 二回にも左翼線を破られる長打(二塁打)を許し、オープン戦初マウンドはピリッとしなかった。

 今季の前田は打者の手元で変化するツーシームなどを持ち球に加え、少ない球数で打ち取る投球を心掛けている。この日、打ち取った当たりは大半が飛球だった。前田には球威がないだけに、甘く入れば長打を食らうリスクがある。

 2年目の前田が理想とする投球が完成するまで時間がかかりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事