日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

SB田中、ハム斎藤佑もボキボキ なぜ連日バットが折れる?

 カラスが鳴かない日があっても、バットが折れない日はない――そんな光景がキャンプ各地で繰り広げられている。

 9日はソフトバンクのドラ1ルーキー、田中正義(創価大)がフリー打撃で上林、塚田のバットを破壊。中日では7日に新人の柳(明大)、5日は育成出身の三ツ間が、阪神でも4日に岩崎が打者のバットをへし折っている。しかも、7日(日本時間8日)にはあの日本ハムの斎藤佑まで……というのだから、「最近のバットは粗悪品か?」と思いたくもなる。

 バットが折れる原因の一つは気候だろう。木製バットは乾燥すればするほど、折れやすくなる。この時季の宮崎は雨が少なく、沖縄も今年のキャンプ期間中は小雨がパラついた程度。日ハムがキャンプを行う米アリゾナ州に至っては、砂漠地帯だ。

■ツーシーム最盛期も原因か

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事