水谷隼が海外新リーグ参戦へ 日本Tリーグに“不要”の烙印

公開日:  更新日:

 日本の銅メダリストも参戦することになった。

 リオ五輪の男子個人で日本人初の銅メダルを獲得した水谷隼(27)が今年6月に始まる海外新リーグ「T2アジア太平洋卓球リーグ」への参加を表明。海外ツアーの合間を縫ってバラエティー番組にも積極的に出演していたが、「今年は卓球に専念して東京五輪の金メダルのためにレベルアップしたい」と実力向上を誓っていた。

 この新リーグは男女合わせて24人が参加する予定で、リオ五輪の3位決定戦で戦った世界ランキング8位のウラジーミル・サムソノフ(ベラルーシ)や女子世界ランキング5位の鄭怡静(台湾)など、トップクラスの選手も参戦予定。サポート体制も万端で、国際卓球連盟、アジア卓球連合、香港卓球協会の支援を受けている。今年は7~12月に試合が行われ、賞金150万ドルが用意されているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  8. 8

    FA浅村に続き西も ソフトB「連敗」の裏に細かすぎる査定

  9. 9

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  10. 10

    則本、美馬、銀次…FA浅村獲得も楽天に迫る“流出ラッシュ”

もっと見る