日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

エース石川1回戦敗退 日本女子“打倒中国”は叶わないのか

 卓球ワールドツアーの「カタールオープン」(ドーハ)女子シングルスの決勝トーナメント1回戦が23日に行われ、日本女子のエース石川佳純(24)は、中国の王曼昱(18)にストレート負けした。

 王は14、15年の世界ジュニア選手権を連覇(昨年は欠場)した有望選手。176センチと長身で男子並みの強力なバックハンドが武器。昨秋、平野美宇(16)が中国スーパーリーグに参戦した際にも対戦した選手で、この時に平野に3―0で勝っている。

 中国の女子卓球は、20年東京五輪で個人9連覇、団体4連覇を狙う。東京五輪の代表3人は、リオ五輪で個人・団体金メダルの丁寧(26)、団体金の劉詩ウェン(25)、リオの補欠メンバーだった朱雨玲(22)が濃厚で、個人・団体の金メダルもまず堅い。

 女子21歳以下の世界ランクを見ると、10位までに日本選手が8人もいることから「24年五輪なら金メダルが取れる」という声もある。だが、世界ランクは真の実力を表しているとはいえず、王曼昱もランク上位にはいない。選手層が超ぶ厚い中国を倒せる日はやってくるのか……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事