エース石川1回戦敗退 日本女子“打倒中国”は叶わないのか

公開日:  更新日:

 卓球ワールドツアーの「カタールオープン」(ドーハ)女子シングルスの決勝トーナメント1回戦が23日に行われ、日本女子のエース石川佳純(24)は、中国の王曼昱(18)にストレート負けした。

 王は14、15年の世界ジュニア選手権を連覇(昨年は欠場)した有望選手。176センチと長身で男子並みの強力なバックハンドが武器。昨秋、平野美宇(16)が中国スーパーリーグに参戦した際にも対戦した選手で、この時に平野に3―0で勝っている。

 中国の女子卓球は、20年東京五輪で個人9連覇、団体4連覇を狙う。東京五輪の代表3人は、リオ五輪で個人・団体金メダルの丁寧(26)、団体金の劉詩ウェン(25)、リオの補欠メンバーだった朱雨玲(22)が濃厚で、個人・団体の金メダルもまず堅い。

 女子21歳以下の世界ランクを見ると、10位までに日本選手が8人もいることから「24年五輪なら金メダルが取れる」という声もある。だが、世界ランクは真の実力を表しているとはいえず、王曼昱もランク上位にはいない。選手層が超ぶ厚い中国を倒せる日はやってくるのか……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    半グレ摘発も…真空地帯となったミナミを仕切るのはどこか

もっと見る