• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

大会日程、不可解な審判…お粗末なアジアのハンドボール

 ハンドボール女子日本代表が2日、8カ国・地域のチームが参加するアジア選手権(13日開幕=韓国・水原)に向けた練習を公開。攻撃面の戦術を確認するなど、約3時間のメニューをこなした。

 この日は昨年6月に日本ハンドボール協会と契約した、ウルリック・キルケリー監督(45=デンマーク)の就任会見も併せて行われた。

 新監督は、19年世界選手権(熊本)、20年東京五輪での手腕に期待がかかる。「フィジカルとマインドを強化し、実戦経験を積んで(強豪の)欧州に近付きたい」と抱負を口にした。

 キルケリー監督の初陣となるアジア選手権は、上位3チームに12月の世界選手権(ドイツ)の出場権が与えられる重要な大会だ。当初この大会は昨年12月に実施予定だったが、開催国の韓国の都合で、主催のアジアハンドボール連盟が急きょ3月に日程を変えたという。各競技のアジア選手権は、遅くとも3、4年前には開催地、日程は決まるもの。今回の日程変更はおかしな話である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元財務省・田中秀明氏 官僚の「政治化」が生んだ忖度体質

  2. 2

    学長会見は“ガキの使い” 日大理事長が絶対表に出ない理由

  3. 3

    ブームが去って「残念!」…ギター侍・波田陽区さんは今

  4. 4

    天敵の籠池氏保釈で“劇場”再燃 高まる「6.20会期末解散」

  5. 5

    田中圭「おっさんずラブ」 女性ファン狂喜乱舞の“肉体美”

  6. 6

    石原さとみに未練か “決断できない男”山下智久に心配の声

  7. 7

    辞めたジャニーズの末路は…山口達也を待ち受ける“地獄道”

  8. 8

    なぜ打ち切った? “上から目線”の日大広報・米倉氏を直撃

  9. 9

    TVから消え10年超…小橋賢児さんイベント仕掛人になるまで

  10. 10

    テレ朝の刑事ドラマを追撃 “ダークな二宮和也”の心意気

もっと見る