“ポスト木村”期待 黒後愛はバレー一族出身のサラブレッド

公開日: 更新日:

 日本バレー界「期待の星」といわれている。

 バレーボール全日本高校選手権(通称「春高バレー」)の女子は、東京第1代表の下北沢成徳が2連覇。昨年に続き大会MVPを獲得したエース兼主将の黒後愛(18)のことだ。

 下北沢成徳は木村沙織(30)や荒木絵里香(32)などの日本代表を数多く輩出したバレーの強豪校。引退を表明した木村に代わり、黒後は「ポスト木村」として期待されている。

 ズバぬけた才能は小さい頃から地元・栃木県では評判だった。小学校3年のとき姉の影響でバレーを始め、高校1年で2020年東京オリンピック強化選手のメンバー入り。昨年は世界ユース女子選手権大会(U-18)にも出場した。

 バリバリの「サラブレッド」。叔父は姉と共に所属していた強豪・宇都宮市立若松原中学校バレー部監督。両親共にバレー経験者で、父親は宇都宮大学の教授。体育学が専門分野で、スポーツ文化論やバレーボールに関するゲーム分析を研究しているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  4. 4

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  5. 5

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  6. 6

    松山マスターズVの裏側 コーチとギア担当者が新加入し支援

  7. 7

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  8. 8

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  9. 9

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

  10. 10

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

もっと見る