まるで別人…イ・ボミが激怒したゴルフ誌の「秘蔵写真」

公開日: 更新日:

 今年9月のことだ。あるゴルフ誌が2週にわたって「イ・ボミの原点」というグラビア特集記事を組んだ。イ・ボミ(27)と親しいライターが、韓国の出身地まで出かけて密着取材。イ・ボミの素顔に迫るというものだった。

“本誌独占、日本初公開”という見出しがつけられ、どんな幼少期を送ったか、亡き父親の思い出から母親や4姉妹にまつわるエピソード、恩師の話まで秘蔵カットとともに紹介された。

 数年前に地元・京畿道水原の一等地に8階建てのビルを建設。自らインドアのシミュレーションゴルフを経営している。また妹がオーナーを務める美容室でヘアメークをしてもらったり、姉妹と過ごす貴重な時間や、ショッピング、大好物のカルビを食べるシーンなど、これまでほとんど伝えられていないファンにはたまらないプライベートな写真が満載だった。

「お母さんとも親しいライターが、子どもの頃の写真を見たいとお願いしたところ、いろいろ見せてくれたそうです。イ・ボミも『そんな写真どこに隠していたの?』なんて驚いていたそうですが、まさか幼少期の写真だけでなく、8年前に韓国女子オープンでベストアマを獲得した際の写真まで掲載されるとは思わなかったのでしょう。いまのキュートなイメージとは違って、あまりにも地味で別人のような顔だった。それで激怒し、記事にしたライターを呼び出し『今後の付き合い方を考える』と、すっかりヘソを曲げてしまったのです」(マスコミ関係者)

 あのウワサは本当だったのか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

  2. 2
    ロッテ田村龍弘が国内FA権取得 “打てる捕手”FA宣言なら今オフ一番人気間違いなし

    ロッテ田村龍弘が国内FA権取得 “打てる捕手”FA宣言なら今オフ一番人気間違いなし

  3. 3
    尾身会長また誤り繰り返す…新型コロナ「第7波」による“医療崩壊”の責任

    尾身会長また誤り繰り返す…新型コロナ「第7波」による“医療崩壊”の責任

  4. 4
    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

  5. 5
    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

  1. 6
    捏造、横領、踏み倒し…“問題理事長”がのさばれたワケ

    捏造、横領、踏み倒し…“問題理事長”がのさばれたワケ

  2. 7
    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

  3. 8
    坂口杏里AV出演に「驚き」 元カレ小峠は“間一髪”だった

    坂口杏里AV出演に「驚き」 元カレ小峠は“間一髪”だった

  4. 9
    感染対策「優良県」3知事が専門家の“コロナ愚策”をバッサリ!尾身会長に「まず反省の弁を」

    感染対策「優良県」3知事が専門家の“コロナ愚策”をバッサリ!尾身会長に「まず反省の弁を」

  5. 10
    井森美幸、松本明子、森口博子、山瀬まみ…ぽっと出とは“地肩”が違う「バラドル第1世代」の活躍

    井森美幸、松本明子、森口博子、山瀬まみ…ぽっと出とは“地肩”が違う「バラドル第1世代」の活躍