平昌に向け海外勢が続々帰化…韓国代表のお手本は日本?

公開日:

 いよいよ1年を切った。2018年平昌五輪は来年2月9日に開幕する。史上最多の102種目でメダルが争われる冬の祭典に向けて、開催国の韓国では着々と準備が進められている。

 その一方で、代表選手の強化のために「助っ人」たちが世界の国々から集められている。

 韓国はキム・ヨナがフィギュアで金、銀を獲得。スピードスケートとショートトラックもメダル実績はあるものの、それ以外の冬季競技は総じてレベルが低い。

 そこで、他国からリュージュやバイアスロン、アイスホッケーなどの実力者を帰化させ、韓国代表にしているのだ。この帰化は「特別帰化」と呼ばれるもので、通常の帰化とは異なり、母国の国籍を持ったままで韓国人になれる。五輪が終われば、出身国の国民として生活できる。

 例えば、すでに韓国代表として女子バイアスロンのワールドカップに出場しているアンナ・プロリナは元ロシア代表。女子リュージュのエイリン・プリシェはドイツ人。韓国にはこんな助っ人が10人以上もいるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  5. 5

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  6. 6

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  7. 7

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る