平昌に向け海外勢が続々帰化…韓国代表のお手本は日本?

公開日:

 いよいよ1年を切った。2018年平昌五輪は来年2月9日に開幕する。史上最多の102種目でメダルが争われる冬の祭典に向けて、開催国の韓国では着々と準備が進められている。

 その一方で、代表選手の強化のために「助っ人」たちが世界の国々から集められている。

 韓国はキム・ヨナがフィギュアで金、銀を獲得。スピードスケートとショートトラックもメダル実績はあるものの、それ以外の冬季競技は総じてレベルが低い。

 そこで、他国からリュージュやバイアスロン、アイスホッケーなどの実力者を帰化させ、韓国代表にしているのだ。この帰化は「特別帰化」と呼ばれるもので、通常の帰化とは異なり、母国の国籍を持ったままで韓国人になれる。五輪が終われば、出身国の国民として生活できる。

 例えば、すでに韓国代表として女子バイアスロンのワールドカップに出場しているアンナ・プロリナは元ロシア代表。女子リュージュのエイリン・プリシェはドイツ人。韓国にはこんな助っ人が10人以上もいるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  5. 5

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  6. 6

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  7. 7

    「外交の安倍」どころか疫病神 日露、日韓、日米の無残

  8. 8

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  9. 9

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  10. 10

    小規模・家族経営を潰す安倍政権の時代錯誤な“新自由主義”

もっと見る