• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

何してるの? 絶好調イ・ボミ「韓国滞在」で飛び交う憶測

 昔の彼氏に会いに行ったか、それとも――。

 イ・ボミ(27)が先週の大会終了後、福岡からそのまま韓国へ帰国した。当初から決まっていたスケジュールとはいえ、欠場理由を明らかにしなかったため、関係者の間で、あれやこれや臆測を呼んでいる。

 イ・ボミは今季、開幕戦こそ6位だったものの、以降、6試合すべてで優勝を含むトップ5入りと、絶好調。それでも世界ランクは14位で、韓国勢8番手のまま(韓国リオ五輪出場枠は4)。目標の五輪出場へ向けて、試合でポイントを稼がなければいけないはずだ。

 19日には、マッチプレーが開催されている韓国ツアーの会場に現れ、関係者たちと笑顔で記念写真に納まったが、試合には出場せず、その場を後にした。

「一昨年9月にお父さんが亡くなりましたが、それ以来、母親のファジャさんが妙にキレイになったと評判なのです。ボミには日本と韓国に後援会があり、お母さんもファンの間で人気が高い。54歳とまだ若く、あまりにも色っぽくなったものだから、知人がボミに『お母さんはキレイだから、近寄ってくるオトコに気をつけた方がいいよ』と冗談半分で言ったところ、困った顔をして『そーなのよ』と答えたそうです」(事情通)

 韓国に帰ってもオモニの“周辺”が気になって、ゆっくり休養をとる暇もないようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  7. 7

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  8. 8

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

もっと見る