何してるの? 絶好調イ・ボミ「韓国滞在」で飛び交う憶測

公開日: 更新日:

 昔の彼氏に会いに行ったか、それとも――。

 イ・ボミ(27)が先週の大会終了後、福岡からそのまま韓国へ帰国した。当初から決まっていたスケジュールとはいえ、欠場理由を明らかにしなかったため、関係者の間で、あれやこれや臆測を呼んでいる。

 イ・ボミは今季、開幕戦こそ6位だったものの、以降、6試合すべてで優勝を含むトップ5入りと、絶好調。それでも世界ランクは14位で、韓国勢8番手のまま(韓国リオ五輪出場枠は4)。目標の五輪出場へ向けて、試合でポイントを稼がなければいけないはずだ。

 19日には、マッチプレーが開催されている韓国ツアーの会場に現れ、関係者たちと笑顔で記念写真に納まったが、試合には出場せず、その場を後にした。

「一昨年9月にお父さんが亡くなりましたが、それ以来、母親のファジャさんが妙にキレイになったと評判なのです。ボミには日本と韓国に後援会があり、お母さんもファンの間で人気が高い。54歳とまだ若く、あまりにも色っぽくなったものだから、知人がボミに『お母さんはキレイだから、近寄ってくるオトコに気をつけた方がいいよ』と冗談半分で言ったところ、困った顔をして『そーなのよ』と答えたそうです」(事情通)

 韓国に帰ってもオモニの“周辺”が気になって、ゆっくり休養をとる暇もないようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力

  2. 2

    れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  3. 3

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  4. 4

    学会員の動き鈍く…投票率上昇で公明「選挙区1勝6敗」危機

  5. 5

    宮迫のしくじりで好機 ミキらお笑い“第7世代”の虎視眈々

  6. 6

    浅田真央「24時間テレビ」起用で日テレが弾くソロバン

  7. 7

    東北は依然苦戦…安倍首相「応援演説」激戦区は13勝14敗も

  8. 8

    楽天則本の7年契約にメジャースカウト仲間は肩を落とした

  9. 9

    リオでは45万個配布 東京五輪も“コンドーム戦争”が勃発か

  10. 10

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る