何してるの? 絶好調イ・ボミ「韓国滞在」で飛び交う憶測

公開日: 更新日:

 昔の彼氏に会いに行ったか、それとも――。

 イ・ボミ(27)が先週の大会終了後、福岡からそのまま韓国へ帰国した。当初から決まっていたスケジュールとはいえ、欠場理由を明らかにしなかったため、関係者の間で、あれやこれや臆測を呼んでいる。

 イ・ボミは今季、開幕戦こそ6位だったものの、以降、6試合すべてで優勝を含むトップ5入りと、絶好調。それでも世界ランクは14位で、韓国勢8番手のまま(韓国リオ五輪出場枠は4)。目標の五輪出場へ向けて、試合でポイントを稼がなければいけないはずだ。

 19日には、マッチプレーが開催されている韓国ツアーの会場に現れ、関係者たちと笑顔で記念写真に納まったが、試合には出場せず、その場を後にした。

「一昨年9月にお父さんが亡くなりましたが、それ以来、母親のファジャさんが妙にキレイになったと評判なのです。ボミには日本と韓国に後援会があり、お母さんもファンの間で人気が高い。54歳とまだ若く、あまりにも色っぽくなったものだから、知人がボミに『お母さんはキレイだから、近寄ってくるオトコに気をつけた方がいいよ』と冗談半分で言ったところ、困った顔をして『そーなのよ』と答えたそうです」(事情通)

 韓国に帰ってもオモニの“周辺”が気になって、ゆっくり休養をとる暇もないようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

  2. 2

    “青汁王子”こと三崎優太氏のYouTubeでの主張に対する弊社の見解

  3. 3

    サザン時代の自分は地上2メートル上をフワフワ浮いていた

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    ド派手実業家「青汁王子」のマズイ素顔…反社との関係発覚

  6. 6

    自民党総裁選で乱発 「共通の価値観」を唱和するお笑い

  7. 7

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  8. 8

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  9. 9

    草刈正雄 コロナ禍で考えた家族と仕事「後悔ないように」

  10. 10

    ハナコ岡部が朝ドラで評価上昇 “ライバル”はハライチ澤部

もっと見る