野球賭博の高木京が処分解除…巨人は再契約かトレードか

公開日: 更新日:

 昨年3月、野球賭博に関与したとして巨人から契約を解除された元投手の高木京介(27)に注目が集まっている。NPBから受けた1年間の失格処分が解除され、22日から復帰可能となったからだ。

「失格選手が復帰を希望する場合、野球協約第10章の〈復帰手続き〉にのっとることになっています。まず高木が巨人に対して復帰申請書を出し、巨人がこれに意見書を添付してコミッショナーに提出する。コミッショナーが高木の希望を正当なものと判断した場合、復帰申請が受理され、処分当時の所属球団への復帰が認められるということになっています。申請は処分の期限満了翌日から可能とされているので、早ければ22日にも高木が申請書を提出する可能性がある。そこで一部では早くも、『高木京、巨人と再契約』と報じられているのです」(担当記者)

 球界を大騒ぎさせた野球賭博問題では、巨人から4人の処分者が出た。無期失格の厳罰に処された3投手とは違い、野球賭博への関わりの薄さなどを理由に期限付きの処分になった高木には復帰への道が残された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    滝クリ同居拒否は宣戦布告か?進次郎が怯える“嫁姑バトル”

  2. 2

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  3. 3

    “報道キャスター”櫻井翔の評価急上昇 NHKと日テレで争奪戦

  4. 4

    史上最低大河「いだてん」に狙いを定めるN国にNHKは真っ青

  5. 5

    三菱UFJ銀行vs三井住友銀行の給与 老後の蓄えは1億円以上

  6. 6

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  7. 7

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  8. 8

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  9. 9

    U18の“二枚看板” 大船渡・佐々木と星陵・奥川に数々の不安

  10. 10

    芸能事務所に忖度するテレビ局は考え直す時期にきている

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る