• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

野球賭博の高木京が処分解除…巨人は再契約かトレードか

 昨年3月、野球賭博に関与したとして巨人から契約を解除された元投手の高木京介(27)に注目が集まっている。NPBから受けた1年間の失格処分が解除され、22日から復帰可能となったからだ。

「失格選手が復帰を希望する場合、野球協約第10章の〈復帰手続き〉にのっとることになっています。まず高木が巨人に対して復帰申請書を出し、巨人がこれに意見書を添付してコミッショナーに提出する。コミッショナーが高木の希望を正当なものと判断した場合、復帰申請が受理され、処分当時の所属球団への復帰が認められるということになっています。申請は処分の期限満了翌日から可能とされているので、早ければ22日にも高木が申請書を提出する可能性がある。そこで一部では早くも、『高木京、巨人と再契約』と報じられているのです」(担当記者)

 球界を大騒ぎさせた野球賭博問題では、巨人から4人の処分者が出た。無期失格の厳罰に処された3投手とは違い、野球賭博への関わりの薄さなどを理由に期限付きの処分になった高木には復帰への道が残された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  3. 3

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  4. 4

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  5. 5

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  6. 6

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  7. 7

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  8. 8

    冠番組が2ケタ視聴率…出川哲朗に叶姉妹との意外な共通点

  9. 9

    18番で痛恨OB 松山英樹“1打足りず予選落ち”は当然の結果か

  10. 10

    綾瀬はるかvs石原さとみ 夏ドラマ「ホリプロ」対決の行方

もっと見る