• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

職員逮捕の西武 会見告知に「賭博と無関係」記載の裏側

 西武が11日、球団職員が大麻取締法違反(輸入)の罪で4月に起訴されていたことを発表した。

 職員は今年1月に入社しており、米国からこの職員宛てに送られた郵便物に大麻が入っていたことが成田空港の税関で発覚。捜査当局から公表を控えるよう要請があり、この日、居郷球団社長が会見を開いて謝罪をした。

 担当記者には「5時から球団職員の不祥事について会見を行います」とメールがあり、ご丁寧にも「野球賭博とは関係がありません」とも書かれていた。

「テレビ局を避けるためのただし書きと受け取りました。今や球団内の不祥事といえば、野球賭博関連を想像する。そうでなくとも、大麻輸入となれば夕方のニュースで扱うに値しますからね。でも、最初から何の会見か明かさずに野球賭博と無関係と言っておけば『わざわざ行く必要もない』と判断する社も多い」(放送関係者)

 不祥事があると大変だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  7. 7

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る