職員逮捕の西武 会見告知に「賭博と無関係」記載の裏側

公開日:  更新日:

 西武が11日、球団職員が大麻取締法違反(輸入)の罪で4月に起訴されていたことを発表した。

 職員は今年1月に入社しており、米国からこの職員宛てに送られた郵便物に大麻が入っていたことが成田空港の税関で発覚。捜査当局から公表を控えるよう要請があり、この日、居郷球団社長が会見を開いて謝罪をした。

 担当記者には「5時から球団職員の不祥事について会見を行います」とメールがあり、ご丁寧にも「野球賭博とは関係がありません」とも書かれていた。

「テレビ局を避けるためのただし書きと受け取りました。今や球団内の不祥事といえば、野球賭博関連を想像する。そうでなくとも、大麻輸入となれば夕方のニュースで扱うに値しますからね。でも、最初から何の会見か明かさずに野球賭博と無関係と言っておけば『わざわざ行く必要もない』と判断する社も多い」(放送関係者)

 不祥事があると大変だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る