明徳義塾監督に聞く 清宮敬遠と「松井に怒られる」の意図

公開日: 更新日:

 24日、清宮の早稲田実業(東京)と初戦で対戦するのが明徳義塾(高知)だ。馬淵史郎監督(61)は92年夏、星稜の松井秀喜を5打席連続敬遠して物議を醸した人。今回清宮に関しては「状況によって敬遠する」と言っているが、いくらなんでも、やりにくくないか。馬淵監督に聞いた。

――甲子園練習の時もそうでしたが、抽選会から敬遠の質問ばかりされて、ウンザリしませんか?

「(おだやかな表情で)いや、全然。これは勝負事だからね。別に……。あのチームには敬遠をしましたけどね」

――「5打席連続敬遠をするのか」と聞かれた時、監督は「そんなことはない。松井に怒られる」と話していた。その意図は?

「それはその通りでしょう。いや、他意はないんだけどね。(少し黙った後で)誰でも彼でも松井くんと一緒にするな、と言いたかった。そういう意味で言ったつもりなんですけどねえ……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    140億円の超ジャンボ宝くじ当てた 40代夫婦のその後の生活

  2. 2

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  5. 5

    5歳未満のコロナウイルス保有量「大人の10~100倍」のナゾ

  6. 6

    史上最大の復活V 照ノ富士“地獄”を見て相撲も性格もガラリ

  7. 7

    岩手県初のコロナ感染者に誹謗中傷が…ウソ申告増加の懸念

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  10. 10

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

もっと見る