母国開催のデ杯欠場…錦織圭今季に懸ける“27歳の焦り”

公開日:

 今年に懸ける思いが伝わってきた。

 テニスの全豪オープン男子シングルスで初戦突破の錦織圭(27・第5シード)は16日の会見で、2月3日開幕(東京)の国別対抗戦デビスカップ(デ杯)1回戦(対フランス)の欠場について改めて説明。「(デ杯の後は)すぐに南米(13日~アルゼンチンOP、20日~リオOP)に行く。体のことも考えながら、デ杯は出ないことにしました。(デ杯で)ケガをしても意味がないので、今回は辞退させていただきました」と語った。

 今の錦織にとってこの決断は当然ともいえる。昨年、世界ランクを5位まで押し上げた日本のエースは、シーズン目標とした「マスターズ1000優勝」はまたしてもかなわなかった。

■ビッグ4の初優勝は…

 昨年12月で27歳になった錦織は、今季こそマスターズに勝ち、30歳までに1つでもグランドスラム(全豪、全仏、全英、全米)のタイトルを取りたい。実現すればアジアの男子選手としては初の快挙だが、それも昨年まで「ビッグ4」と呼ばれていたフェデラー(35)、ナダル(30)、ジョコビッチ(29)、マリー(29)の「初優勝」の記録を見ると、足踏み中と言わざるを得ない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る