母国開催のデ杯欠場…錦織圭今季に懸ける“27歳の焦り”

公開日:

 今年に懸ける思いが伝わってきた。

 テニスの全豪オープン男子シングルスで初戦突破の錦織圭(27・第5シード)は16日の会見で、2月3日開幕(東京)の国別対抗戦デビスカップ(デ杯)1回戦(対フランス)の欠場について改めて説明。「(デ杯の後は)すぐに南米(13日~アルゼンチンOP、20日~リオOP)に行く。体のことも考えながら、デ杯は出ないことにしました。(デ杯で)ケガをしても意味がないので、今回は辞退させていただきました」と語った。

 今の錦織にとってこの決断は当然ともいえる。昨年、世界ランクを5位まで押し上げた日本のエースは、シーズン目標とした「マスターズ1000優勝」はまたしてもかなわなかった。

■ビッグ4の初優勝は…

 昨年12月で27歳になった錦織は、今季こそマスターズに勝ち、30歳までに1つでもグランドスラム(全豪、全仏、全英、全米)のタイトルを取りたい。実現すればアジアの男子選手としては初の快挙だが、それも昨年まで「ビッグ4」と呼ばれていたフェデラー(35)、ナダル(30)、ジョコビッチ(29)、マリー(29)の「初優勝」の記録を見ると、足踏み中と言わざるを得ない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  3. 3

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  4. 4

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  5. 5

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  6. 6

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  7. 7

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  8. 8

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  9. 9

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

  10. 10

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

もっと見る