スタミナより重要…錦織圭「4大大会制覇」へ足りないもの

公開日: 更新日:

 ワウリンカ(31=スイス)の優勝で幕を閉じたテニスの全米オープン。ジョコビッチ(29=セルビア)との頂上決戦に勝って、14年全豪、15年全仏に続いて4大大会3勝目を挙げた。

 錦織圭(26)は準決勝でワウリンカに負けたものの、最新の世界ランクは7位から5位へ浮上したのだが、疲労の色が濃く、ヘロヘロ負けした準決勝の戦いぶりを見ると、4大大会優勝は「まだまだ遠い」と言わざるを得ない。

 気温30度以上で湿度も高い中で行われたワウリンカ戦。錦織は第1セットを奪うも、徐々に運動量が落ちていき、その後は3セットを連取され負けた。試合後は、「疲れて思考能力が低下していた。足がかなり重かった。言い訳にはなるけど、(マリー戦で)5セットやってなかったら、もう少し元気に戦えていたと思う」と言った。

 ワウリンカ戦の前々日は、世界ランク2位で、リオ五輪金メダルのマリー(29)をフルセットの末に破った。3時間58分に及ぶ激闘の疲れが残っていたことは間違いないだろう。だが、4大大会の準々決勝ともなれば、3セットで楽に勝てる相手など残っていない。ベスト8、ベスト4と勝ち進むにつれ、1日置きにランク上位の者と4時間ゲームが当たり前だ。それでもワウリンカは決勝戦でも、豊富な運動量が印象的だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  3. 3

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  4. 4

    ガッキー知人が悩み明かす「実年齢とのギャップに違和感」

  5. 5

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  8. 7

    久米宏は日本のテレビやラジオにまだ必要だ

  9. 8

    西村コロナ担当相がイラつき激高 “逆ギレ会見”に批判殺到

  10. 9

    安倍首相「自画自賛ウソ会見」と何も突っ込まないお粗末記者

  11. 10

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

もっと見る