スタミナより重要…錦織圭「4大大会制覇」へ足りないもの

公開日:  更新日:

 ワウリンカ(31=スイス)の優勝で幕を閉じたテニスの全米オープン。ジョコビッチ(29=セルビア)との頂上決戦に勝って、14年全豪、15年全仏に続いて4大大会3勝目を挙げた。

 錦織圭(26)は準決勝でワウリンカに負けたものの、最新の世界ランクは7位から5位へ浮上したのだが、疲労の色が濃く、ヘロヘロ負けした準決勝の戦いぶりを見ると、4大大会優勝は「まだまだ遠い」と言わざるを得ない。

 気温30度以上で湿度も高い中で行われたワウリンカ戦。錦織は第1セットを奪うも、徐々に運動量が落ちていき、その後は3セットを連取され負けた。試合後は、「疲れて思考能力が低下していた。足がかなり重かった。言い訳にはなるけど、(マリー戦で)5セットやってなかったら、もう少し元気に戦えていたと思う」と言った。

 ワウリンカ戦の前々日は、世界ランク2位で、リオ五輪金メダルのマリー(29)をフルセットの末に破った。3時間58分に及ぶ激闘の疲れが残っていたことは間違いないだろう。だが、4大大会の準々決勝ともなれば、3セットで楽に勝てる相手など残っていない。ベスト8、ベスト4と勝ち進むにつれ、1日置きにランク上位の者と4時間ゲームが当たり前だ。それでもワウリンカは決勝戦でも、豊富な運動量が印象的だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る