リオOPまさかの初戦敗退 錦織圭「全仏V狙い」に暗雲

公開日:  更新日:

 世界ランキングを上げて、4大メジャー制覇という今季目標を達成するのは容易じゃない。

 男子テニスのリオ・オープン(ブラジル・リオデジャネイロ=500シリーズ)は21日(日本時間22日)、1回戦が行われ、第1シードで世界ランク5位の錦織圭(27)は、同76位のトマス・ベルッシ(29=ブラジル)と対戦。4-6、3-6のセットカウント0-2でストレート負けを喫した。

 錦織は終始、劣勢を強いられ、第1セットは相手の左右への揺さぶりに苦しみ決め手を欠く。第9ゲームで長いラリーからフォアのクロスがネットに掛かり、この試合先にブレークを許す。4-5で迎えた第10ゲーム。ベルッシにウイナーを決められて第1セットを落とすと、自身への不甲斐なさからか、ラケットを叩きつけて怒りを露わにした。

 第2セットも第1ゲームでいきなりブレークを許し、試合の主導権を握れない。このセットは相手の勢いにも押されて計3度ブレークされ、初戦で姿を消した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  10. 10

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

もっと見る