リオOPまさかの初戦敗退 錦織圭「全仏V狙い」に暗雲

公開日: 更新日:

 世界ランキングを上げて、4大メジャー制覇という今季目標を達成するのは容易じゃない。

 男子テニスのリオ・オープン(ブラジル・リオデジャネイロ=500シリーズ)は21日(日本時間22日)、1回戦が行われ、第1シードで世界ランク5位の錦織圭(27)は、同76位のトマス・ベルッシ(29=ブラジル)と対戦。4-6、3-6のセットカウント0-2でストレート負けを喫した。

 錦織は終始、劣勢を強いられ、第1セットは相手の左右への揺さぶりに苦しみ決め手を欠く。第9ゲームで長いラリーからフォアのクロスがネットに掛かり、この試合先にブレークを許す。4-5で迎えた第10ゲーム。ベルッシにウイナーを決められて第1セットを落とすと、自身への不甲斐なさからか、ラケットを叩きつけて怒りを露わにした。

 第2セットも第1ゲームでいきなりブレークを許し、試合の主導権を握れない。このセットは相手の勢いにも押されて計3度ブレークされ、初戦で姿を消した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  2. 2

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  3. 3

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  4. 4

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  5. 5

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  6. 6

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  7. 7

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  8. 8

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  9. 9

    朝ドラで存在感 元乃木坂46深川麻衣は女優で大成できるか

  10. 10

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

もっと見る