リオOPまさかの初戦敗退 錦織圭「全仏V狙い」に暗雲

公開日:  更新日:

 世界ランキングを上げて、4大メジャー制覇という今季目標を達成するのは容易じゃない。

 男子テニスのリオ・オープン(ブラジル・リオデジャネイロ=500シリーズ)は21日(日本時間22日)、1回戦が行われ、第1シードで世界ランク5位の錦織圭(27)は、同76位のトマス・ベルッシ(29=ブラジル)と対戦。4-6、3-6のセットカウント0-2でストレート負けを喫した。

 錦織は終始、劣勢を強いられ、第1セットは相手の左右への揺さぶりに苦しみ決め手を欠く。第9ゲームで長いラリーからフォアのクロスがネットに掛かり、この試合先にブレークを許す。4-5で迎えた第10ゲーム。ベルッシにウイナーを決められて第1セットを落とすと、自身への不甲斐なさからか、ラケットを叩きつけて怒りを露わにした。

 第2セットも第1ゲームでいきなりブレークを許し、試合の主導権を握れない。このセットは相手の勢いにも押されて計3度ブレークされ、初戦で姿を消した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  3. 3

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  4. 4

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  5. 5

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  6. 6

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    試行錯誤を経てたどり着いた「バントは時間稼ぎ」の極意

  10. 10

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

もっと見る