日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

WBCが好影響 メジャー復活狙う燕バレンティンまるで別人

 DeNAとの開幕戦。ヤクルトの4番、バレンティン(32)。四回の2打席目に右翼フェンス直撃打を放つと、中村の中前打で二塁から激走。好スライディングで先制のホームを踏んだ。

 2安打1打点の活躍を「去年一年間、引っ張ろうとしてゴロになるケースが多かったので、バットに逆らわずに内側にバットを入れることを心がけた」と振り返ったバレンティンは、オランダ代表としてWBCに出場。全試合で4番に座り、打率.615、4本塁打、12打点と大会2冠の活躍で外野手部門でベストナインに選ばれた。

 昨季まで特に走塁、守備で怠慢プレーが目立った。何度言っても改善されないため、首脳陣もサジを投げていた。それだけに、WBCで躍動するバレンティンに真中監督は「うちでもあれくらい一生懸命やってくれたらいいのに……」と漏らしたほど。この日の全力プレーには「ああいうプレーをしてくれるとチームの士気が高まるので継続してほしい」と喜んだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事