カブス解雇の川崎はマシな方 マイナー選手を待つ待遇格差

公開日:

 4月2日(日本時間3日)のレギュラーシーズン開幕を控え、各球団ともロースターの人選で慌ただしくなってきた。

 日本人では招待選手である川崎宗則内野手(35)が28日(同29日)、カブスを解雇された。開幕メジャーから漏れたマイナー選手の契約を一度、解除する規定があり、カブスは近日中にも再契約する見込み。川崎は前日にホイヤーGM、マドン監督らと今季の起用法について話し合いを行っていた。

 川崎はここまでオープン戦17試合で39打数11安打の打率2割8分2厘、7打点(27日終了時)。現時点で開幕メジャーは当落線上だ。マイナー契約だけに解雇や降格もあり得るとはいえ、首脳陣から事前の説明や対話があるだけマシ。マイナー降格の際、ひどい仕打ちを受けた日本人選手が少なくないのだ。

■試合中に突然の降格宣告

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る