• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

期待値もう激減 虎新助っ人キャンベル起用法が宙ぶらりん

 どちらに転んでも厄介だ。

 金本監督は31日の開幕投手(広島戦=マツダ)にメッセンジャー(35)を指名。4番はとりあえず福留(39)で行くと決めた。FAの糸井が加入しても打線に不安はあるが、最近とんと名前を聞かなくなったのが新助っ人のキャンベル(29)だ。2月27日の紅白戦で左手首を痛めて「左手首腱鞘炎」と診断され、打撃練習を再開したのは今月22日。当然開幕には間に合うはずもなく、二軍の試合で使えるめどが立ってから一軍に上げるようだ。

「そのキャンベルが頭痛の種なんだよ」と、あるOBがこう続ける。

「阪神は高山、糸井、鳥谷、福留と主力に左打者が多い。ジグザグ打線を組みたい金本監督にとって、キャンベルは貴重な右打者。キャンプ中にはキャンベルを開幕一軍に使うと言った。しかし、左手首を故障してからは、三塁鳥谷、一塁原口の起用方針を固めた。キャンべルが一軍に上がれば、鳥谷か原口のどちらかがレギュラーから外れるわけだが、鳥谷も原口も好調ならそうはいかない。一方で、新助っ人が使い物にならなければ獲得したフロントの責任は免れない。どうなることやら」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  10. 10

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

もっと見る