期待値もう激減 虎新助っ人キャンベル起用法が宙ぶらりん

公開日: 更新日:

 どちらに転んでも厄介だ。

 金本監督は31日の開幕投手(広島戦=マツダ)にメッセンジャー(35)を指名。4番はとりあえず福留(39)で行くと決めた。FAの糸井が加入しても打線に不安はあるが、最近とんと名前を聞かなくなったのが新助っ人のキャンベル(29)だ。2月27日の紅白戦で左手首を痛めて「左手首腱鞘炎」と診断され、打撃練習を再開したのは今月22日。当然開幕には間に合うはずもなく、二軍の試合で使えるめどが立ってから一軍に上げるようだ。

「そのキャンベルが頭痛の種なんだよ」と、あるOBがこう続ける。

「阪神は高山、糸井、鳥谷、福留と主力に左打者が多い。ジグザグ打線を組みたい金本監督にとって、キャンベルは貴重な右打者。キャンプ中にはキャンベルを開幕一軍に使うと言った。しかし、左手首を故障してからは、三塁鳥谷、一塁原口の起用方針を固めた。キャンべルが一軍に上がれば、鳥谷か原口のどちらかがレギュラーから外れるわけだが、鳥谷も原口も好調ならそうはいかない。一方で、新助っ人が使い物にならなければ獲得したフロントの責任は免れない。どうなることやら」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  3. 3

    未浄化下水広がる“肥溜めトライアスロン”に選手は戦々恐々

  4. 4

    兵庫・明石商監督に聞いた データ分析のチーム強化の労苦

  5. 5

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  6. 6

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  7. 7

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  8. 8

    引きこもりだった大学生が「しょぼい喫茶店」を始めるまで

  9. 9

    セレブ子弟集まる青学初等部に残る“ボスママ戦争”の後遺症

  10. 10

    香取慎吾の出演を認めさせた 萩本欽一&ジャニー社長の絆

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る