久保が右FWで輝き香川トップ下復活で「本田不要論」再燃

公開日:

 日の丸を付けてもクラブでもパッとしなかった男が、見違えるように好調キープである。ドルトムントの日本代表MF香川真司(28)のことだ。

 3月のW杯アジア最終予選UAE戦(23日)でキレのある動きを見せ、続くタイ戦(28日)ではワザありの先制点を決めた。

 そして予選後にドイツに戻り、シャルケとの大一番、ルール・ダービー(現地1日)では、FWオーバメヤンのゴールをアシストするなど堂々のプレーぶり。地元メディアから「伝統のダービーで輝きを放った」とベタボメされたのである。

■ハリル日本にプラス

 ついこの前まではクラブでベンチ暮らしを余儀なくされ、日本代表でも音なしが続いて不要論も出始めていた。実際、タイ戦の先制点は10カ月ぶりの代表ゴールだった。一体、香川の好調の原因は何なのか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  2. 2

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  3. 3

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  4. 4

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  5. 5

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

  6. 6

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  7. 7

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  8. 8

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  9. 9

    ソフトB1位・甲斐野央がかなえた「父のもうひとつの夢」

  10. 10

    東京五輪マラソン「5時半スタート」案に陸連顧問が猛反論

もっと見る