復調ドルト香川はCLモナコ戦が代表トップ下定着へ正念場

公開日:  更新日:

 日本代表MF香川真司(28)が、所属するドルトムント(ドイツ1部)で完全復調ぶりを猛烈アピール。ベンチウオーマーから脱し、先発組に返り咲いた香川は、5試合連続公式戦スタメン出場となった27節のハンブルガーSV戦で1ゴール1アシスト。3-0完勝劇の立役者となったの。

 続く28節の強豪バイエルン・ミュンヘン戦(8日)は、体調不良を理由に遠征メンバー外となったが、これは「トゥヘル監督が、11日にホームで迎える欧州CL準々決勝モナコ戦の第1レグ(日本時間12日午前3時45分キックオフ)に照準を合わせて主力を温存した」(サッカーライター)。

 実際、香川は主力組のMFヴァイグル、DFピシュチェクとともに居残ったドルトムントでトレーニングメニューを消化した。香川自身も当然、モナコ戦に向けてヤル気満々。欧州最強クラブを決める大舞台で輝きを放てば、日本代表ハリルホジッチ監督に対して大きなアピールになるからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  3. 3

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  4. 4

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  5. 5

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  6. 6

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  7. 7

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  8. 8

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  9. 9

    雄星「4年60億円」の反動懸念 “温厚”シアトルでも痛い目に

  10. 10

    1歳年下フジテレビ社員の彼が“観劇デート”後の車中で…

もっと見る