権藤博
著者のコラム一覧
権藤博野球評論家

1938年12月2日、佐賀県鳥栖市生まれ。鳥栖高からブリヂストンタイヤを経て61年に中日入り。1年目に35勝19敗、防御率1.70という驚異的な成績を挙げ、最多勝や沢村賞などタイトルを総ナメに。連投に連投を重ねる姿に「権藤、権藤、雨、権藤」の流行語が生まれた。68年に現役引退後は各球団の投手コーチを歴任。横浜で初の監督に就任した98年にはいきなりペナントを制し、38年ぶりの日本一に導いた。

楽天ストッパー松井裕を生かすも殺すも梨田監督の腕次第

公開日: 更新日:

 30セーブを挙げた昨季は防御率3・32と失点を重ねるケースも少なくなかったが、本来の能力を考えれば、今季のような働きが十分に期待できる投手だ。不安があるとすれば、使い方だろう。

■すでに危ない兆候

 梨田監督はすでに2度も、「回またぎ」の登板をさせている。優勝が懸かったシーズン終盤ならいざ知らず、まだ開幕して20試合前後のこの時期の起用としては理解に苦しむ。若いから大丈夫、と体力に頼るのは誤った考えで、若い投手だからこそ、使い方には慎重になるべきだろう。

「回またぎ」が難しいのは、単にスタミナや疲労だけの問題ではない。マウンドからベンチに戻り、再びマウンドに上がる。ショートイニングが持ち場のリリーフ投手にとっては、ベンチに座っている間のこの“休息”が厄介なのだ。


 張り詰めていた緊張の糸が一度切れ、頭が冷静になって、考える時間ができる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  3. 3

    松坂は“腫れ物”に…古巣西武から聞こえるレジェンドの評判

  4. 4

    ソフトB復帰の城島氏 “権限なし長い肩書”はイチローが参考

  5. 5

    怠慢の安倍政権…中韓と新型肺炎対策“本気度”の差浮き彫り

  6. 6

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  7. 7

    議員に立候補するなら資格審査の国家試験を受けさせよ

  8. 8

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  9. 9

    設楽vs大迫3.1東マラ対決 “五輪代表辞退”で勃発する大事件

  10. 10

    石井GMとの確執を噂され解任…平石前楽天監督に真相を直撃

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る