WBCで生きる? 楽天・松井裕は医師お墨付きの“特異体質”

公開日:  更新日:

「どんな場面で登板しても自分の力を発揮する」

 楽天の松井裕樹(21)が、胸を張って言った。

 代表最年少として参加する侍ジャパンのWBC直前合宿招集日を翌日に控え、21日は日本ハムとの練習試合に登板。1イニングを3者凡退に抑え、「納得して合宿に入れる」と弾みをつけた。

 一昨年のプレミア12では、準決勝の韓国戦の九回に登板し、押し出し四球。準決勝敗退の戦犯のひとりになった。今回の代表入りにも、「三振か四球かというノーコン投手をどうやって使うんだよ」と首をかしげる向きが球界には今も多くいる。

 が、「いや、大舞台になればなるほど力を発揮する特異体質の持ち主ですからね。WBCで大活躍するかもしれません。ストッパー転向もそれが根拠のひとつになったんです」と楽天関係者。そういえば、15年に松井裕を先発から抑えに配置転換した当時の大久保監督、日刊ゲンダイにこう言っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る