WBCで疲弊か…ハム中田翔が不振と故障でもがく胸中語る

公開日:  更新日:

「シーズン143試合ある中で、まだ5試合、10試合のこと。1本ヒットが出たからって気が楽になるとか、そんなのはないですよ。ぜんぜん焦ることじゃない。(現役を)10年やってるんですから。ヒットが出ない、本塁打が出ないとか周りは気にしてるけど、5試合、10試合でいろいろ言われても……。僕ら選手からしたら、どうでもいい話。誰かにどうこう言われるもんではないでしょ。放っておいてくれれば、調子は上がりますよ」

 日刊ゲンダイの直撃に、苦笑いを浮かべてそう言っていた直後のケガだった。

 9日のオリックス戦の試合途中に右足付け根の痛みを訴え、五回の守備から途中交代した日本ハムの中田翔(27)は、翌日に行った病院の精密検査で「右内転筋筋挫傷」と診断された。幸い挫傷の度合いは「軽度」ということで、取材時点での登録抹消は回避されたものの、結局は治療を優先されるため、13日に登録を抹消されことに。負傷は、打撃好調だった大谷翔平が「左大腿二頭筋肉離れ」で「実戦復帰まで6週間」という故障を負った直後の出来事。栗山監督は頭を抱えるばかりだが、そうでなくても、開幕から4番・中田の状態は悪すぎた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る