• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

WBCで疲弊か…ハム中田翔が不振と故障でもがく胸中語る

「シーズン143試合ある中で、まだ5試合、10試合のこと。1本ヒットが出たからって気が楽になるとか、そんなのはないですよ。ぜんぜん焦ることじゃない。(現役を)10年やってるんですから。ヒットが出ない、本塁打が出ないとか周りは気にしてるけど、5試合、10試合でいろいろ言われても……。僕ら選手からしたら、どうでもいい話。誰かにどうこう言われるもんではないでしょ。放っておいてくれれば、調子は上がりますよ」

 日刊ゲンダイの直撃に、苦笑いを浮かべてそう言っていた直後のケガだった。

 9日のオリックス戦の試合途中に右足付け根の痛みを訴え、五回の守備から途中交代した日本ハムの中田翔(27)は、翌日に行った病院の精密検査で「右内転筋筋挫傷」と診断された。幸い挫傷の度合いは「軽度」ということで、取材時点での登録抹消は回避されたものの、結局は治療を優先されるため、13日に登録を抹消されことに。負傷は、打撃好調だった大谷翔平が「左大腿二頭筋肉離れ」で「実戦復帰まで6週間」という故障を負った直後の出来事。栗山監督は頭を抱えるばかりだが、そうでなくても、開幕から4番・中田の状態は悪すぎた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  3. 3

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  4. 4

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

  5. 5

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  6. 6

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  7. 7

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  8. 8

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  9. 9

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る