笑うのは日本の2球団のみ 新ポスティング制度“真の狙い”

公開日: 更新日:

「向こうは余計なカネがかかるポスティングをやめたがっている」

 ある球団の関係者がこう言う。

 8日、NPB(日本野球機構)と12球団による実行委員会が開かれ、海外移籍の際のポスティング(入札)制度について、MLB(大リーグ機構)側から改正に向けた協議の申し入れがあったことが報告された。

 とはいえ、現時点でMLBから具体的な改正案は出ていないそうで、NPBの井原事務局長は「まずは向こう側の案を確認してからになる」と話すにとどまった。

 現行制度は、移籍希望選手に対して日本の所属球団が2000万ドル(約22億円)を上限とする譲渡金を設定し、最高額で入札したすべてのメジャー球団が交渉できる。現行制度の契約は2013年からの3年間で今年は1年間、自動延長されていた。今年5月5日までにMLB、NPBいずれかが希望すれば、新制度導入に向けた協議が開始されることになっていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  2. 2

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  3. 3

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  4. 4

    案里議員認めた1億5000万円「安倍マネー」を原資に不正か

  5. 5

    夫婦別姓「結婚しなくていい」ヤジはやはり杉田水脈議員

  6. 6

    職場仲間である辛坊治郎のパワハラ疑惑について言いたい

  7. 7

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  8. 8

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  9. 9

    ベトナムに続きハワイへ…“優柔不断”櫻井翔の見えぬゴール

  10. 10

    安倍首相の墓穴答弁で判明 桜名簿「確実に存在する」根拠

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る