笑うのは日本の2球団のみ 新ポスティング制度“真の狙い”

公開日:

「向こうは余計なカネがかかるポスティングをやめたがっている」

 ある球団の関係者がこう言う。

 8日、NPB(日本野球機構)と12球団による実行委員会が開かれ、海外移籍の際のポスティング(入札)制度について、MLB(大リーグ機構)側から改正に向けた協議の申し入れがあったことが報告された。

 とはいえ、現時点でMLBから具体的な改正案は出ていないそうで、NPBの井原事務局長は「まずは向こう側の案を確認してからになる」と話すにとどまった。

 現行制度は、移籍希望選手に対して日本の所属球団が2000万ドル(約22億円)を上限とする譲渡金を設定し、最高額で入札したすべてのメジャー球団が交渉できる。現行制度の契約は2013年からの3年間で今年は1年間、自動延長されていた。今年5月5日までにMLB、NPBいずれかが希望すれば、新制度導入に向けた協議が開始されることになっていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る