復帰初戦に存在感 SB川崎はただのメジャー帰りにあらず

公開日: 更新日:

 早速プレーで魅せた。米球界からソフトバンクに復帰した川崎(35)が28日のオリックス戦に「1番・二塁」でスタメン出場。1986日ぶりとなる日本での試合は、ドーム球場のナイターにもかかわらず、目の下を黒くするアイブラックをつけて登場した。

 1打席目は初球を打って一ゴロに倒れたが、4打席目に中前に復帰初安打。守備では四回、2死一、二塁で中島のライナーを横っ跳び。一度はボールをこぼすも、すぐさま二塁へトスし、ファンを沸かせた。

 メジャーでは、マリナーズ、ブルージェイズ、カブスと渡り歩いた5年間で出場は276試合にとどまり、オープン戦期間中の3月に解雇された。しかし、クビになる直前の米アリゾナでの侍ジャパンとの練習試合では、3打数1安打2盗塁と健在ぶりを見せていた。

 メジャー帰りの日本人選手といえば、帰国初年度に不振に陥る選手は少なくない。岩村(77試合、打率.183、0本塁打)、福留(63試合、打率.198、6本塁打)、中島(117試合、打率.240、10本塁打)しかりだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    米倉涼子「ドクターX」打ち切り説 医療モノ“本家”に何が

  2. 2

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  3. 3

    テレ朝を救う? キムタク「BG」がドル箱「相棒」になる日

  4. 4

    「桜」名簿問題の責任転嫁に暗躍 菅長官の“懐刀”の名前

  5. 5

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  6. 6

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  7. 7

    嵐・櫻井の婚前旅行の報道にファンの反応が冷ややかなワケ

  8. 8

    松屋で大人気「シュクメルリ」とオリジナルカレーの今後

  9. 9

    超高速Vでも…青学・原監督「箱根駅伝お先真っ暗」の理由

  10. 10

    白鵬の言動「恥ずべきこと」と八角理事長 広報部長も喝!

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る