復帰初戦に存在感 SB川崎はただのメジャー帰りにあらず

公開日:  更新日:

 早速プレーで魅せた。米球界からソフトバンクに復帰した川崎(35)が28日のオリックス戦に「1番・二塁」でスタメン出場。1986日ぶりとなる日本での試合は、ドーム球場のナイターにもかかわらず、目の下を黒くするアイブラックをつけて登場した。

 1打席目は初球を打って一ゴロに倒れたが、4打席目に中前に復帰初安打。守備では四回、2死一、二塁で中島のライナーを横っ跳び。一度はボールをこぼすも、すぐさま二塁へトスし、ファンを沸かせた。

 メジャーでは、マリナーズ、ブルージェイズ、カブスと渡り歩いた5年間で出場は276試合にとどまり、オープン戦期間中の3月に解雇された。しかし、クビになる直前の米アリゾナでの侍ジャパンとの練習試合では、3打数1安打2盗塁と健在ぶりを見せていた。

 メジャー帰りの日本人選手といえば、帰国初年度に不振に陥る選手は少なくない。岩村(77試合、打率.183、0本塁打)、福留(63試合、打率.198、6本塁打)、中島(117試合、打率.240、10本塁打)しかりだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る