• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

復帰初戦に存在感 SB川崎はただのメジャー帰りにあらず

 早速プレーで魅せた。米球界からソフトバンクに復帰した川崎(35)が28日のオリックス戦に「1番・二塁」でスタメン出場。1986日ぶりとなる日本での試合は、ドーム球場のナイターにもかかわらず、目の下を黒くするアイブラックをつけて登場した。

 1打席目は初球を打って一ゴロに倒れたが、4打席目に中前に復帰初安打。守備では四回、2死一、二塁で中島のライナーを横っ跳び。一度はボールをこぼすも、すぐさま二塁へトスし、ファンを沸かせた。

 メジャーでは、マリナーズ、ブルージェイズ、カブスと渡り歩いた5年間で出場は276試合にとどまり、オープン戦期間中の3月に解雇された。しかし、クビになる直前の米アリゾナでの侍ジャパンとの練習試合では、3打数1安打2盗塁と健在ぶりを見せていた。

 メジャー帰りの日本人選手といえば、帰国初年度に不振に陥る選手は少なくない。岩村(77試合、打率.183、0本塁打)、福留(63試合、打率.198、6本塁打)、中島(117試合、打率.240、10本塁打)しかりだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  4. 4

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  5. 5

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  6. 6

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  7. 7

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  8. 8

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  9. 9

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  10. 10

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

もっと見る