変わらぬイチローの個人主義 チーム大敗も今季1号大喜び

公開日: 更新日:

 日頃は冷静を装っているベテラン外野手が珍しく喜びを爆発させた。

 19日(日本時間20日)の古巣マリナーズ戦の九回に今季1号ソロ本塁打を放ったマーリンズ・イチロー(43)。チームは5-10で大敗し、今季3度目の連勝を逃したにもかかわらず、試合後のイチローはどこ吹く風だった。

 17日の3連戦初戦にはメジャー通算3000安打の祝福セレモニーが行われ、古巣のファンに歓迎されてテンションが上がっていたのだろう。慣れ親しんだセーフコフィールドでの一発に「これは印象に残るわね。ファンも喜んで、一番理想的な場面だった。本当に打ててよかった」と、まるで殊勲打を放ったかのような口ぶりだったのだ。

 イチローといえば、マーリンズ移籍後は「4人目の外野手」として、チームのサポート役に徹してきた。試合前にはベテランらしく、チームを盛り上げるために踊りを披露したり、若手に積極的に助言してきた。「フォア・ザ・チーム」の姿勢を見せていたが、むしろこっちがイチローの本性だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    手を出す? 俺にとって麗子はストライクゾーンに入らない

  2. 2

    芸能界ケンカ最強候補だった渡瀬恒彦は女に手を出すのも…

  3. 3

    松方弘樹は釣りと並んで女にも入れあげて力いっぱい生きた

  4. 4

    河井夫妻“選挙買収”捜査本腰へ急展開 落選議員が検察援護

  5. 5

    嵐・櫻井の婚前旅行の報道にファンの反応が冷ややかなワケ

  6. 6

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  7. 7

    不倫報道のJr.を“一罰百戒” 滝沢秀明副社長いきなり正念場

  8. 8

    元SMAPで独り勝ち キムタクが歩むジャニーズ大幹部への道

  9. 9

    落合は「絶対に当てないから大丈夫」と涼しい顔で言った

  10. 10

    テレ朝を救う? キムタク「BG」がドル箱「相棒」になる日

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る