大谷離脱で急浮上 復活2勝目ダルにヤンキースが白羽の矢

公開日:  更新日:

 日本人エース右腕が圧巻の投球で15年のワールドチャンピオンをねじ伏せた。

 レンジャーズ・ダルビッシュ有(30)が23日(日本時間24日)のロイヤルズ戦に登板。8回を5安打2失点、8奪三振で2勝目(2敗)を挙げた。

 三回2死から2番ムスタカス、3番ボニファシオにいずれも甘く入った変化球を捉えられて連続本塁打を浴びるも、危なかったのは、この回だけ。四回以降は変化球を低めに集めた丁寧な投球でロイヤルズ打線を牛耳った。六回1死からWBC米国代表で4番のホスマーに中前打を浴びたが、後続を併殺打に仕留めてつけ入る隙を与えなかった。

 この日は打線の援護にも恵まれて余裕があったのだろう。マウンド上では時折、笑顔を見せるなど、調子の良さをうかがわせた。七回を投げ終えて球数は99。八回もマウンドに立ち、一昨年3月に受けた右肘のトミー・ジョン(靱帯再建)手術から復帰後、最長となる8回を投げ切って完全復活をアピールした。ダルの好投もあって、チームはロイヤルズ相手に今季初の同一カードでスイープで4連勝。9勝目(10敗)とし、勝率5割を目前とした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る