大谷離脱で急浮上 復活2勝目ダルにヤンキースが白羽の矢

公開日: 更新日:

 日本人エース右腕が圧巻の投球で15年のワールドチャンピオンをねじ伏せた。

 レンジャーズ・ダルビッシュ有(30)が23日(日本時間24日)のロイヤルズ戦に登板。8回を5安打2失点、8奪三振で2勝目(2敗)を挙げた。

 三回2死から2番ムスタカス、3番ボニファシオにいずれも甘く入った変化球を捉えられて連続本塁打を浴びるも、危なかったのは、この回だけ。四回以降は変化球を低めに集めた丁寧な投球でロイヤルズ打線を牛耳った。六回1死からWBC米国代表で4番のホスマーに中前打を浴びたが、後続を併殺打に仕留めてつけ入る隙を与えなかった。

 この日は打線の援護にも恵まれて余裕があったのだろう。マウンド上では時折、笑顔を見せるなど、調子の良さをうかがわせた。七回を投げ終えて球数は99。八回もマウンドに立ち、一昨年3月に受けた右肘のトミー・ジョン(靱帯再建)手術から復帰後、最長となる8回を投げ切って完全復活をアピールした。ダルの好投もあって、チームはロイヤルズ相手に今季初の同一カードでスイープで4連勝。9勝目(10敗)とし、勝率5割を目前とした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  2. 2

    東出昌大“針のムシロ”長期化 良きパパのイメージが致命傷

  3. 3

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  4. 4

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  5. 5

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  6. 6

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  7. 7

    日曜朝にTBS「サンモニ」が醸す安心感 人気継続2つの理由

  8. 8

    兜町は戦々恐々 新型肺炎拡大で日経平均2万円割れに現実味

  9. 9

    杉田水脈議員「夫婦別姓ヤジ」で安倍首相お膝元に雲隠れ

  10. 10

    背筋が凍る動機と金満 河井案里1億5000万円は政権の致命傷

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る