早すぎる死 “ミスターラグビー”平尾誠二さんが残した功罪

公開日: 更新日:

 ミスターラグビーがこの世を去った。

 ジャパンの司令塔として活躍し、代表監督も務めた平尾誠二氏が20日午前に死去。53歳の若さだった。所属先の神戸製鋼は死因を明らかにしていない。が、ここ数年は病気療養していたという。

 甘いマスクと華麗なプレーでファンを魅了した平尾氏はエリート街道を歩んだ。京都・伏見工業高時代に主将として80年の全国大会を制覇。同志社大では82年度から全国大学選手権3連覇に貢献した。英国留学を経て入社した神戸製鋼では88年から主将としてチームを牽引し、日本選手権7連覇を成し遂げた。

 日本代表デビューも史上最年少(当時)の19歳4カ月。W杯には87年の第1回大会から3大会連続で出場し、優れた状況判断と切れ味鋭いステップを武器に世界選抜にも名を連ねた。世界に通用した数少ない日本人選手のひとりだった。98年の現役引退後は神戸製鋼総監督やGM、日本代表監督を歴任した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  2. 2

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  3. 3

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  4. 4

    木村花さん死去「テラハ」敏腕プロデューサーM女史の評判

  5. 5

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  6. 6

    コロナ禍で暴力団のシノギも壊滅 上層部が今叫ぶべきは?

  7. 7

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  8. 8

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  9. 9

    増える芸能人の政治的発言 背景に“CM依存体質”からの脱却

  10. 10

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

もっと見る