テストマッチ続々 ラグビー日本代表は強豪国になぜモテる

公開日:

 今年11月のラグビー日本代表のテストマッチ豪州戦の会場が日産スタジアム(横浜)に決まった。

 すでに日本ラグビー協会から日程は発表されていたが、会場は未定だった。

 日本代表のジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ(HC)は「日産スタジアムは『ラグビーW杯2019』の決勝戦が行われる会場でもあり、選手たちは世界の強豪チームの一つと、そのような意義のある会場で試合を行う機会を喜び、楽しみに待つでしょう」と談話を発表した。

 今年、国内でのテストマッチは豪州のほか、6月にはルーマニア(熊本)、アイルランド(東京、静岡)の強豪と計3試合が組まれている。19年W杯を控えているだけに、来年以降も世界の強豪チームから日本代表とのテストマッチの申し込みが殺到しているという。

 W杯の抽選は今年5月に行われ、1次リーグの会場などは現時点で未定だ。それでも、強豪の各チームは事前キャンプ地を下見するほか、少しでも日本の環境に慣れ、本番に備えたい。さらに、15年のイングランド大会で過去最高の3勝と躍進した開催国の日本と対戦し、戦力分析につなげる狙いもある。日本代表はW杯開幕までに対戦相手から丸裸にされかねない。

 もっとも、強豪国との対戦は日本にとっても、相手の戦力、戦術を測る絶好のチャンスだ。日本でのW杯開催がなければ、テストマッチが実現しない相手ばかりだからだ。

 今年も含めて強豪との試合経験を生かすも殺すもジョセフHCの手腕にかかっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る