• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ラグビー代表・内田啓介に聞いた サンウルブズと19年W杯

 日本で開催される2019年W杯で8強入りを目指すラグビー日本代表。ジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ(HC)率いる代表で「19年W杯の星」と期待されるのがSH内田啓介(パナソニック)だ。今季、初めて南半球最高峰リーグのスーパーラグビー(SR)・サンウルブズでプレー。2月25日のハリケーンズ戦では15年イングランドW杯日本代表の田中史朗を抑えて開幕スタメンに起用された。昨季はSRの強豪ハイランダーズ(ニュージーランド)に留学して腕を磨いた。19年W杯でのキープレーヤーと期待される内田を直撃した。

――初めてプレーしたSRの印象はいかがですか?

「ここまで対戦した各チームとも、スピード、コンタクトプレー、戦術と全てにおいてレベルの高さを実感しました。特にスピード感の違いに驚きました。一人一人の走力もそうですが、パス回しやボール運び、縦に突進してくる速さは、自分はこれまで経験したことがないものでした。同じ1試合でも疲労度も違います。初戦のハリケーンズ戦は特に感じましたね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  5. 5

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  6. 6

    ロッテは身売り否定も…ZOZO前澤氏が招く“球界再編”第2幕

  7. 7

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

  8. 8

    「別に」から完全復活…沢尻エリカは豹変したか猫かぶりか

  9. 9

    改元は来年…残るオウム受刑者は「恩赦」の対象になるのか

  10. 10

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

もっと見る