19年ラグビーW杯日本大会でインバウンドは促進されるか

公開日: 更新日:

「地域経済へのプラス効果は極めて大きい」

 そう話すのは、JTBの高橋広行社長だ。ラグビーの2019年ワールドカップ日本大会の話。国内12都市で開催されるW杯は「地方の魅力を発信する絶好の機会だ」と言うのだが、「来年のことを言えば鬼が笑う」のたとえもある。果たしてどうか。

 W杯は北海道、岩手、埼玉、東京、神奈川、静岡、愛知、大阪、兵庫、福岡、熊本、大分の競技場で開催される予定だ。W杯観戦者の平均滞在日数は20日程度と、通常の観光より長いとされ、開催都市は知名度がアップするという。

「東京、富士山、京都、大阪の“ゴールデンルート”に集中する外国人観光客が、W杯で地方に分散するはず。そんな期待があるようです。ただ、外国人観光客の半数以上が首都、近畿の2大都市圏以外の地方を訪問するという統計もある。北海道や愛知、福岡、熊本、大分は、すでにそこそこ人気です。多少の上積みは期待できますが、W杯開催で最も大きな恩恵を受けるとすれば、岩手でしょうね」(観光庁関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  3. 3

    「桜」新疑惑 昭恵夫人私的ビジネス出資者を30人以上招待

  4. 4

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  5. 5

    厚労省が政権に忖度か 感染者急増の北海道で“検査妨害”

  6. 6

    板野友美“匂わせ”NY一人旅?反射したガラスに男の姿が…

  7. 7

    長瀬智也退所報道で浮上…ジャニーズが抱える2021年問題

  8. 8

    新型コロナ騒動を口実に泥船から逃げ出す安倍ヨイショ連中

  9. 9

    世界で“コロナ”と指さされる日本人と問題だらけの政府対応

  10. 10

    少なすぎる新型コロナ検査数…安倍政権“陽性隠し”の言い訳

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る