得意のクレーで全仏に期待も…錦織圭に“赤土の王者”の壁

公開日: 更新日:

 錦織圭(27)が右手首の故障で準々決勝を棄権したマドリード・オープン決勝は、第4シードのR・ナダル(30=スペイン)が第8シードのD・ティエム(23=オーストリア)を2-0で破った。ナダルの今大会優勝は3年ぶり5度目。4月のモンテカルロ・マスターズとバルセロナ・オープンも制し、クレーコートで3大会連続優勝となった。さらにマスターズ制覇は30回目でジョコビッチの最多記録に並んだ。ナダルの世界ランクは5位から4位に上がった。

 スペイン出身のナダルはクレーコートにめっぽう強く、「赤土の王者」と呼ばれている。モンテカルロ・マスターズは8連覇を含む10度の優勝。全仏オープンも4連覇と5連覇があり、9度も頂点に立っている。15、16年は不調や故障で4大大会制覇はなかったが、左手首のケガから復帰した今季は完全復活したといえる。

 錦織も、「クレーが得意」とか「赤土と相性がいい」などといわれている。だが、クレーで行われるマスターズ1000の優勝はない。全仏も15年のベスト8が最高。クレーでのタイトル獲得は、ツアーの格付けが3番目のATP500までだ。今週のイタリア国際のコートもクレー。出場は右手首の状態を見ながら決めるそうだが、「クレーが得意」なんて言ってたらナダルに鼻で笑われる。

 ちなみに、錦織の世界ランクは1つ落ちて9位に。ベスト8から落ちたのは14年8月以来のこと。全仏で準々決勝まで上位との対戦が避けられる第8シード以内は厳しくなった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  3. 3

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  4. 4

    桜疑惑で安倍前首相に致命的弱点 “虚偽答弁”を見過ごすな

  5. 5

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  6. 6

    菅首相が公邸に呼んだ医師が話題 コロナ対策持論に弊害も

  7. 7

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  8. 8

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  9. 9

    不祥事連発ジャニーズJr. “22歳活動終了制度”導入の波紋

  10. 10

    森七菜「電撃移籍」の真相 “恩人の死”引き金で実母が暗躍

もっと見る