• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

マエケン2年目の評価は…ドジャースのロバーツ監督を直撃

 前田健太(29)が所属するドジャースのデーブ・ロバーツ監督は、メジャー史上初の日本出身監督だ。日本人の母親を持ち、チームでも初のマイノリティー指揮官。昨季は就任1年目でチームをポストシーズンに導き、ナ・リーグ最優秀監督に選ばれた。現役時代から野茂英雄ら多くの日本人選手と関わってきたロバーツ監督を直撃した。

――2年目の前田をどう見ている?

「去年も今年もいいピッチングをしている。よりよい投球を目指し、健太はいつも一生懸命にやっているよ。(メジャー)2年目になり、お互いをもっとよく知り、もっとやりやすくなった。素晴らしい投手であり、素晴らしい仲間。健太がチームにいてくれてよかったと思う時はたくさんあった。(今は故障者リストに入っているが)大丈夫だし、あと1週間ほどで復帰できるよ」

――現役時代から多くの日本人選手と関わってきた。日本の野球の印象は? 今オフは二刀流の大谷のメジャー移籍が噂されているが。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ

  3. 3

    股関節痛め広島視察中止…安倍首相に健康不安説また再燃

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    障害年金は支給継続も…非情な政策を傍観した公明党の大罪

  6. 6

    DeNA伊藤光を直撃 トレード1週間で即スタメンマスクの心境

  7. 7

    年俸500万円でDeNAへ 中後が語っていたマイナー時代の苦労

  8. 8

    小沢一郎氏の知恵袋が指摘 安倍政権による「内乱」予備罪

  9. 9

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  10. 10

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

もっと見る