• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

初日33位タイ…宮里藍「今季国内3戦目」に飛び交う憶測

【中京テレビ・ブリヂストンレディス 初日】

 米ツアーが主戦場の宮里藍(31)を日本で頻繁に見かけるようになった。

 前週は男子ツアーの日本プロに勝った次兄・優作の応援に駆け付けたし、今季日本ツアーは開幕戦のダイキン(59位)、ワールドレディス(14位)に続いて今大会で3戦目になる。

 ちなみに米ツアーは5試合に出場して最高位はハワイで行われたロッテ選手権の34位。予選落ちも1度あって賞金ランクは85位と冴えない。

 しかも今大会は12年ぶりの出場とあって、「どうしたんだろう」と訝るファンが多いのだ。

「大会主催者のブリヂストンが契約スポンサーということもありますが、これまでは米ツアーで活躍して欲しいということから、ブリヂストンサイドも本大会に出なくてもいいと暗黙の了解があった。ところが、今年は宮里のほうから出たいという申し出があったそうです。今まで米ツアーに専念していたから、できなかったことをやろうとしている。まだ本人は語ってはいませんが、結婚や現役引退など一つの区切りをつけようとしている、と見る向きもあります」(大会関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  3. 3

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  4. 4

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  5. 5

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  6. 6

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  7. 7

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    もう不毛な忖度は不要に プロOBの野球評論に新たな道が

  10. 10

    強がっても負け惜しみ 安倍政権レームダック化の急加速

もっと見る